今回の貿易用語は、「Sea Waybill(シー・ウェイビル/海上運送状)」の役割や用途についてご紹介します。Sea Waybillは、B/L(Bill of Lading/ビーエル/船荷証券)と比較すると把握しやすいので、簡単にB/Lの内容をおさらいしながら、ご説明していきましょう。

目次
「B/LとSea Waybillの違いは?
Sea Waybillはスピードを重視した取引に利用されている
Sea Waybillのメリットとデメリット

B/LとSea Waybillの違いは?

まず、B/Lとは、輸出地の船会社が発行する書類で、さまざまな貿易書類の中でも特に重要な書類です。以下の4つの性質を持っているのが、特徴です。

①運送契約の証拠:船会社と荷主(通常は輸出者)の間の運送契約を示す
②貨物の受領書:船会社が輸出者の貨物を受け取ったことを示す
③有価証券:裏書きによって転売することが可能
④貨物の引取証:貨物の荷揚港で貨物を引き取るときに必要(荷受人は裏書きが必要)

それに対して、Sea Waybillとは、この運送契約書(①)と貨物の受領書(②)を兼ね備えた書類ですが、B/Lと違って有価証券の性質がなく、裏書きによる譲渡はできません。また、貨物を引き取るときは、Sea Waybillの呈示とは関係なく、貨物の引き取りに行った人がSea Waybillに記載されたConsignee(荷受人)であることが確認できれば*、引き取ることができます。

*船が到着する際には、事前に「Arrival Notice(到着案内)」という書類が届きます。この書類は通常、Sea WaybillのNotify Party(到着送付先)欄に記載された宛先に届くのですが、その届いた「Arrival Notice」の書類上に、Sea WaybillのConsignee(荷受人。通常は輸入者)がサインすれば、そのサイン付き「Arrival Notice」が貨物の引き換え証となるのです。

ちなみに、B/Lでは、Consignee(荷受人)やNotify Party(到着送付先)を指定せずに「To Order」として貨物を送ることができますが、Sea Waybillは、どちらも宛先(会社名など)を記名する必要があります。この点は、B/LとSea Waybillの大きな違いです。

Sea Waybillはスピードを重視した取引に利用されている

以前、Surrendered(サレンダード/元地回収)B/Lについて、ご紹介したときにも触れましたが、近年はコンテナ船が高速化したことで、「貨物は輸入地に到着しているのに、オリジナルB/Lが届かないために貨物が引き取れない」という自体が発生しています。Sea Waybillは、こうした現状を打破するため、スピードが重視される取引の際に使われるようになりました。

では、ここで、B/LとSea Waybillの取引の流れを下図でみていきましょう。

オリジナルB/Lを使用した取引とSea Waybillを使用した取引の流れ

◇オリジナルB/Lの取引の流れ
船会社が輸出者にB/Lを発行
輸出者が輸入者に 「クーリエなど」「原本」を送付
輸入者のもとに原本が到着
輸入者がB/Lに裏書き
船会社にB/Lを提出し、
貨物を引き取る
◇Sea Waybillの取引の流れ
船会社が輸出者にSea Waybillを発行
輸出者が輸入者に「メール、またはFax」でSea Waybillを送付
輸入者のもとに届く
到着案内(Arrival Notice)が届いたら署名
船会社にConsignee(荷受人)であることを呈示し、貨物を引き取る

オリジナルB/Lを使用した取引では、発行されたB/Lそのものが荷揚港での貨物の引取証になるため、輸出者は輸入者にクーリエ(国際宅配便)などでB/L送付する必要がありますが、この工程には日数がかかります。

対して、Sea Waybillでは、その書類に記載されたConsignee(荷受人)に貨物を引き渡すため、原本を送る必要がなく、輸出者は船会社から受け取ったらすぐに輸入者にメールやFAXで送ることができます。そのため、手間や時間が短縮されるのです。

Sea Waybillのメリットとデメリット

ここまでご説明してきたように、Sea Waybillは書類発送の手間が減るという点、時間短縮ができるという点がメリットです。ただし、B/Lと違って、有価証券としての機能がないために、L/C(信用状)取引で使用されることはほとんどありません。

※関連記事:『「L/C(信用状)」取引における輸出入者と銀行の関係を理解しよう

B/Lは、書類自体に財産価値がある有価証券の性質も持っており、譲渡することで所有権を移転できるのが特徴のため、L/Cの担保になり得ます。しかし、Sea Waybillは有価証券ではないためL/Cの担保にはならないのです。

これはSea Waybillの特徴ですので、デメリットと言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、B/LとSea Waybillにはそれぞれの特徴があることをご理解いただけたでしょうか。

また、Sea Waybillは、輸入者の代金支払の有無にかかわらず貨物が渡ってしまうため、輸出者にとってリスクが大きい(実質、後払いと変わらない)ということも特徴です。そのため、Sea Waybillは、一般的に、海外現地法人との取引や、長年の取引で信頼関係を築いた会社との間で利用されています。

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧

「シゴ・ラボ」では、貿易取引に関する用語や知識など、貿易事務の方に役立つ記事を多数ご紹介しています。他の記事もチェックしてみてください。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】

貿易事務を目指す方に向けて、「まずこれだけは覚えておきたい」現場で頻繁に使われる貿易用語をeBookにまとめました。ダウンロードして、ぜひ利用してみてくださいね。

「インコタームズ(Incoterms/International Commercial Terms)」とは、国際商業会議所(ICC)が貿易取引における費用負担・範囲などの取引条件を定めた国際規則です。このインコタームズの中には「DAT」「DAP」「DDP」という3つの規則があります。

それぞれ輸入国側の指定場所(ターミナル)に引き渡した時点で費用、危険の負担が移転する、輸出者の負担範囲が条件ですので、しっかり覚えておきましょう。

※関連記事:『【2020年版】インコタームズ(貿易条件)とは?新しくなった全11条件も詳しく解説!

「DAT」「DAP」「DDP」ってどんな貿易条件?

まずは、3つの規則が規定する「危険負担」と「費用負担」の分岐点を、下図で見ていきましょう。

DAT(ターミナル持込渡し)/Delivery at Terminal (…named place of destination)

DATは、輸入港、または輸入国におけるターミナル(埠頭、港湾地区の倉庫、コンテナヤード、鉄道の駅など)において、到着した輸送手段(船や飛行機など)から荷降ろしした商品を買主に引き渡した時点で危険、費用負担が移転する規則です。

*荷降ろしの危険、費用負担は、売主(輸出者)にあります。

DAP(仕向地持込渡し)/Delivery at Place (…named place of destination)

DAPは、輸入港、または輸入国におけるターミナル(埠頭、港湾地区の倉庫、コンテナヤード、鉄道の駅など)において、輸入通関前の輸送手段(船や飛行機、トラックなど)の上で荷降ろしの準備ができた状態で買主に引き渡し、その時点で危険、費用負担が移転する規則です。

*荷降ろしの危険、費用負担は、買主(輸入者)にあります。

DAPは、港や空港のターミナルに荷降ろしした商品を、さらにほかの場所へ輸送して、仕分けするような場合に適しています。以下の使用例にご紹介しますが、「指定仕向地」には配送センターなどが使われます。

DDP(関税込み持込渡し)/Delivery Duty Paid (…named place of destination)

DDPは、輸入国側の「指定仕向地」で、輸入通関後に危険と費用負担が移転する規則です。輸入通関手続きに必要な費用や関税、その他の税金、輸送中の商品ダメージなども売主の負担になります。

インコタームズの11規則の中で、DDPは売主の負担が最大で、買主の負担が最小の規則。売主が輸入国内での通関費用、輸送費用を負担する規則は、この条件だけです。ただ、もし売主がフォワーダーを通しても、輸入国で許認可取得や通関許可を取得できないような場合は、DDPを避けてDAPを使用する方がいいでしょう。

※関連記事:『国際物流のコーディネーター「フォワーダー(Forwarder)」

余談ですが、DDPは、FedEx、DHL、UPSなど、ドアツードアの配達を行うクーリエを利用して、少量の商品やサンプルを発送するときにも使用されています。

*関税は買主が払う場合はDAPを使用します。

※関連記事:『国際配送の手段「クーリエ」とは?「EMS」との違いもご紹介!

関連記事

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧

シゴ・ラボでは、その他にも貿易取引に関する知識や実務で使える仕事術など、貿易事務の方に役立つ記事を多数ご紹介しています。他の記事もチェックしてみてくださいね。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】

貿易事務を目指す方に向けて、「まずこれだけは覚えておきたい」現場で頻繁に使われる貿易用語をebookにまとめました。ダウンロードして、ぜひご利用ください。

貿易実務では、“モノ”、“カネ”、“カミ(書類)”の流れを正しく理解することがとても大切だといわれます。本日ご紹介する「船荷(ふなに)証券(B/L)」は“カミ”にあたりますが、“モノ”にも“カネ”にも大きく関わる、貿易取引のなかでも重要な書類です。

船荷証券(B/L)とはどんな書類?

「船荷証券(Bill of Lading:B/L)」は、貿易における船積書類のひとつで、船会社が輸出者の貨物を受け取ったときに発行される書類です。貿易関係者は、通常、「B/L(ビーエル)」と呼んでいます。

「船荷証券(B/L)」には、簡単にいえば、“貨物の引換券”なのですが、さまざまな顔を持つ書類です。

万が一、「船荷証券(B/L)」を紛失するようなことがあれば、その貿易取引ができなくなるという“超重要書類”です。この書類が持つ役割①〜④について、下にある図とともにご説明していきます。

①貨物受取証:船会社が貨物を受け取ったことを示す
②運送契約書:船会社と荷主の間での運送契約を示す
③有価証券:裏書きによって転売が可能になる
④貨物引取証:貨物の荷揚港で貨物を引き取るときに必要

船荷証券(B/L)の役割とその流れ

「船荷証券(B/L)」を発行するのは、輸出地の船会社です。「船荷証券(B/L)」は、輸出者にとっては、船会社に貨物を引き渡したことを証明する“貨物受取証”になりますが、輸入者にとっては、その貨物の引き取るための“貨物引換証”になる、というふたつの役割を兼ねています。

輸出者から輸入者へ「船荷証券(B/L)」を渡すことは、貨物の所有権を移転させることを意味し、ここでの「船荷証券(B/L)」は、有価証券の役割 を果たし、書類を通して貿易取引を成立させているのです。

有価証券の代表的なものに、株式・手形・小切手があります。有価証券はそれ自体に財産的価値がありますが、譲渡することにより、その有価証券の持っている財産的権利を簡単に移転させることができるのが特徴です。「船荷証券(B/L)」もまた有価証券で、貨物の所有権を、輸出者から輸入者へ(時には、輸入者から他社へ)移転させて、売買しているのです。

貿易事務未経験の方には少し難しいかもしれませんが、上の図を参考に、貿易取引では「貨物(モノ)の流れと書類(カミ)の流れが異なる」ということを覚えてください。

船荷証券(B/L)記載の内容はしっかり確認!

発行する船会社によって書式は異なりますが、以下の主要項目は、ほぼ共通の記載内容となっています。

「船荷証券(B/L)」の主要項目
① 船会社名
② 船荷証券番号(B/L No.)
③ 荷送人(Shipper)※輸出者のこと
④ 荷受人(Consignee)※輸入者のこと
⑤ 着荷通知先(Notify Party)
⑥ 荷受地(Place of receipt)
⑦ 本船名(Ocean Vessel)
⑧ 船積港(Port of Loading)
⑨ 荷揚げ港(Port of Discharge)
⑩ 荷渡し地(Place of Delivery)
⑪ 商品明細(Description of Goods)※品名、数量、重量、コンテナの本数、荷姿など
⑫ B/Lの発行枚数 ※通常は3通
⑬ B/Lの発行地場所と発行日(Place and Date of B/L issue)
⑭ 運送人船会社のサイン(Signature)
⑮ 船積み年月日と本船の署名(Laden on Board the Vessel)※On Board Notation“船積証明”といわれるものです。

輸出者も輸入者も、この記載内容のスペルミスなどの間違いに気付かないと「貨物は到着しているのに引き取ることができない…」という事態になりかねません。(③④⑤⑪はとくに注意が必要です)
また、「船荷証券(B/L)」の修正は、輸出地の船会社だけが行えるため、輸入者サイドで間違いを見つけたときは、少し時間がかかります。

スムーズな貿易取引のためにも、輸出者、輸入者は「船荷証券(B/L)」を入手したら、じっくり内容を確認するようにしましょう。

関連記事

志望動機は“2つの興味”が基本!

未経験から経理・会計・財務職への転職を希望する人にとって、重要なのが「志望動機」です。
しかし、業務未経験のため「履歴書にどんな志望動機を書けば良いか分からない!」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、志望動機の書き方のポイントをご紹介します。

志望動機に欠かせない“2つの興味”とは?

志望動機の極意とは、ずばり「2つの興味を書くこと」です。
ここで言う「2つの興味」とは一体何のことなのでしょうか?ひとつずつご紹介していきましょう。

その1.職種・仕事への興味

人事担当者がまず気にするのは、「まったく別の職種から、どうして経理・会計職を選んだのか」ということです。
これは「職種に興味を持った理由」が分かれば、経理・会計職に対する想いや、熱意をある程度推し量ることができるからです。
何がきっかけで会計に興味を持ったのか、どんなところを魅力に感じていて、自分のどんな能力を活かせるのか、といったところまで書けるとベストです。

その2.相手企業への興味

そして、もう一つは企業への興味です。言い換えれば、「どうしてその企業を選んだのか」ということです。
企業の「業種」や「商品・サービス」への興味をアピールすることはもちろん、「経営理念」や「社風」などへの共感を書くと好印象を与えられるはずです。
また、自分が働くことで、相手企業にどんなメリットをもたらすことができるのかを盛り込むのも忘れてはいけません。

未経験から経理・会計職に挑戦する場合の志望動機見本

では実際に、未経験から経理・会計職への転職を目指す場合の志望動機見本をご紹介します。あくまで例文ですので、自分であればどのように書くか、参考にしてみてくださいね。

志望動機見本
学生時代は数学が得意で、大学のサークルでは会計係を進んで行っていました。卒業後は飲食店の接客スタッフとして就職しましたが、会計の経験があったため、毎日閉店後にはマネージャーが行う売上管理の作業も手伝っていました。そして、せっかくだからちゃんと会計を学ぼうと簿記の勉強を始めたところ、「会計がお店の経営を支えている」ということに気が付きました。

実際にお金が発生する現場も経験したことで、より会計のおもしろさを知ることができたと思います。そして、経理・会計職に対する想いが強くなり、以前よりがんばる女性をサポートする仕事に就きたいという気持ちもありましたので、3年間勤めたこときっかけに転職を決意しました。

御社を選んだ理由は、女性を対象にしたハウスクリーニングサービスと、「サービスをとおして、働く女性を助けたい」という想いに、ひとりの女性として強く共感したからです。前職で接客をしていたこともあり、お客様に笑顔になっていただく喜びはよく理解しています。今後は営業スタッフや現場のスタッフといった「前線」をサポートする側として、お客様の笑顔をつくっていけたらと考えています。

会計職への転職にあたり、上記の簿記3級の資格のほか、独学で勉強したエクセルの知識・スキルも役立てることができると思います。まずは、アシスタントのようなところから精一杯がんばりますので、よろしくお願いいたします。

志望動機は熱意そのもの!

経理・会計の実務は未経験ながらも、会計職として働きたい気持ちがひしひしと伝わってくる志望動機になっているのではないでしょうか。
経理・会計関係の経験がまったくない場合でも、「なぜ会計に興味を持ったか」そして、「その想いの強さ」を説明することで、伝わるものはあるはずです。

つまりひと言で言えば、「志望動機とは、熱意そのものである!」ということ。
志望動機が「手に職を付けたいから、経理・会計職を選びました」では、熱意がまったく伝わってきませんよね。
志望動機は、応募する仕事に対して「自分がいかなる気持ちを持っているのか」を示す場です。自分の想いをしっかり詰め込むことを意識して、志望動機を書いてみてくださいね。

国際的な経理の知識を証明するための資格として、IFRS(国際会計基準)検定BATIC(国際会計検定)と呼ばれる2つの検定があります。

どちらも国際的な会計知識の習熟度を測るための検定試験で、グローバル人材としての活躍を目指す多くの方が受験していますが、この2つの資格には、どのような違いがあるのかご存知ですか?また、これらの資格は、経理や会計だけでなく、さまざまな職種で必要になるとも言われており、近年注目が集まっています。

今回は、その人気の理由や資格取得のメリットなどについても、詳しくご紹介していきましょう。

目次
求められる知識の違いを知ろう
IFRS検定とBATICの決定的な違いを教えて!
どちらを学んでも双方にメリットあり!

求められる知識の違いを知ろう

まず、IFRS検定とBATICの違いを語る前に避けて通れないのが、IFRS検定もBATICも「IFRS(国際財務報告基準・国際会計基準)」を共通の会計基準としているという点です

「IFRS」と比較されることも多い海外の会計基準に、「US-GAAP(米国会計基準)」があります。細かい比較内容は挙げるときりがないので割愛しますが、要するに会計における決まりが違うのです。

かつてはUS-GAAPが主流だったのですが、2001年に起きた不正会計事件「エンロン事件(*)」を契機に、会計基準としての信頼が失墜。そうした中、2005年に登場し、EU域の上場企業を対象に強制適用となった会計基準が「IFRS」なのです。

US-GAAPでは、会計における数値基準が細かく定められています。エンロン事件は、まさにこの細かいルールの裏をかいた不正会計事件だったのです。一方で、IFRSは、厳格な数値基準を定めず、常識ある判断に任せるという姿勢をとっています。これは、エンロン事件に教訓を得ているだけでなく、EU域内の上場企業すべてに強制適用となるため、ある程度の「余白」を持たせなければならない、という事情もあったのです。

*アメリカの大企業「エンロン社」が、巨額の不正経理・取引による粉飾決算で経営破綻に追い込まれた事件。世界の株式市場に大きな衝撃を与えた。

IFRS検定とBATICの決定的な違いを教えて!

IFRS検定は、文字通りIFRSの知識を確認するための試験ですが、このIFRS検定とBATICの決定的な違いがもうひとつあります。それは、試験言語の違い。

BATICは試験言語が英語のみなのに対し、IFRS検定は日本語でも受験可能。IFRS検定には「言語を選択できる」というメリットがあるのです。

どちらを学んでも双方にメリットあり!

会計分野の国際化は、今後ますます進むことが予想されています。それにともない、IFRS検定とBATICの注目度も高まっています。

IFRSは近年適用される国が増加し、国際的な知名度が急速に高まっている最中。IFRS検定も国際会計のシーンにおける重要度がぐんぐん増してきています。一方のBATICは、日本国内で知名度があり、転職に有利な資格として知られています。

「では、どちらが良いの?」と思われるかもしれませんが、これらは一概にどちらが優れているというものではありません。ですから、自分自身が学びたい資格を勉強するのが良いでしょう。もちろん両方を勉強すれば、多角的に会計を知ることができますし、国際会計に対する視野がぐっと広がるのでオススメですよ。

「経理」関連記事一覧
「シゴ・ラボ」では、他にも経理用語や経理パーソンのキャリアアップに役立つ記事を多数ご紹介しています。気になる方はこちらからチェックしてみてくださいね。

【経理用語集】実務で役立つ!頻出・経理用語100
「実務で役立つ!頻出・経理用語100」は、経理初心者の方や経理としてステップアップしたい方のための経理用語集です。
日々の業務や毎月の経理イベントにおける頻出用語を100個ピックアップ!分かりやすく用語の解説をしています。こちらからダウンロードできますので、ぜひご活用くださいね。

参考サイト:

 

経理が人事考課で目標設定を求められた際、「正直、何を目標にすれば良いのか分からない…」と、戸惑ってしまった経験はありませんか?しかし、仮に「ミスを減らす」「遅刻をしない」「定型業務を覚える」といった目標を立ててみても、どのように達成すれば良いのか、ピンと来ていない方もいらっしゃるのでは。

営業職が目標を数字で明確に立てているように、経理パーソンがどのような観点で考え、目標を立てれば良いのかについてご紹介します。

経理の目標設定は、スキルアップをメインに考えよう

数値化しにくい部分が多い「経理・会計・財務」のお仕事は、目標設定が難しいですよね。そこで結論から先にお伝えすると、経理・会計・財務の目標設定は「スキルアップ」を軸に考えると目標が立てやすくなります。

最終的に行き着くのは「自分の価値を高めること」

人事考課の目的は、「適切な目標設定で成長を促進させる」「業績や技能を把握して、人事評価に活かす」など、さまざまです。しかし、まずは評価されることだけを先に考えずに、「自分の価値を高めて、結果、評価がついてくる」といった考え方をしてみてください。大事なのは、自分の成長をプラス思考で捉える姿勢です。

目標パターン1:自分の業務領域を広げる

例:貸借対照表(B/S)を作成できるようになる

目標パターン2:効率化する

例:月次決算速報の作成に3営業日かかっていたのを、2営業日に短縮する

目標パターン3:その他の貢献

例:業務標準化のためにマニュアルを作成する

「できて当然」と捉えられそうな目標は避けよう

もちろん、「ミスをしない」というのも、立派な目標ではあります。ただし、人事考課では部署以外の役員などからも評価を受けることがほとんど。経理・会計は「ミスをしなくて当然」と思われている場合も多いため、目標がそれだけだと、残念ながら評価としては不十分になってしまう傾向に。

また、「遅刻しない」「残業しない」といったマイナスイメージからのスタートは、評価担当者にポジティブな印象を与えにくいため、なるべく避けるようにしましょう。

もし、どうしても目標が思い浮かばないときは、面談のときに上司に相談するのもひとつの方法です。「新しいことができるようになりたいのですが、何をできるようになれば貢献できますか?」というように、相談をするのもオススメ。全ての目標を自分で決めなくても、目標達成に向けて努力することで、きっと評価はついてくるでしょう。

「経理」関連記事一覧

「シゴ・ラボ」では、他にも経理用語や経理の方々のキャリアアップに役立つ記事を多数ご紹介しています。その他の記事もチェックしてみてくださいね。

 【経理用語集】実務で役立つ!頻出・経理用語100

「実務で役立つ!頻出・経理用語100」は、経理初心者の方や経理としてステップアップしたい方のための経理用語集です。
日々の業務や毎月の経理イベントでよく使われる基本的な用語を100個ピックアップし、分かりやすく用語の解説をしています。ダウンロードしてぜひ利用してみてくださいね。

参考サイト

1 2
みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。