用語

2015/08/31

「信用状(L/C)」を受け取った輸出者が確認すべきこと(後編)

今回は『「信用状(L/C)」を受け取った輸出者が確認すべきこと(前編)』の続編として、L/C(Letter of Credit/エルシー/信用状)に記載されている「3つの期限」に注目しながら解説します。ぜひ、輸出者の立場を考えながら読みすすめてくださいね。

L/Cに記載されている「3つの期限」に注目!

L/Cは輸出者(受益者)に対し、通常3つの期限(L/Cの有効期限、船積期限、荷為替手形買取のための書類提示期限)が指示されています。これらの期限は、輸出者が商品代金をきちんと回収するために見落とすことはできない重要事項です。

では、前編でも使用したL/Cのサンプルを使って、その内容を見ていきましょう。

L/Cの有効期限(⑩)

輸出者の荷為替手形を買取できる期限です。この期日までに、輸出者は以下2つの期限に関わる業務を実行しなければなりません。

船積(ふなづみ)期限(⑨)

輸出する商品を船積みしなれければならない期限です。船会社に商品を引き渡したときに受け取るB/L(Bill of Lading/ビーエル/船荷証券)は、その後、為替手形とともに買取銀行へ提出します。

荷為替手形買取のための書類提示期限(⑱)

B/Lが発行された日から、B/Lを含む船積書類と為替手形を買取銀行へ提出するまでの日数制限です。

ここまでの説明を図にすると、以下のようになります。

この3つの期限の中でも、特に注意しなければならないのは「荷為替手形買取のための書類提示期限(⑱)」です。

サンプルでは「B/L発行後10日以内」となっていますが、実務では7日以内、15日以内となっている場合もありますので、しっかり確認しなければなりません。

その制限日数を過ぎると、たとえL/Cの有効期限内に書類を提出しても、有効期限切れと同じような扱いとなってしまいます。
*この期限の指示がない場合は、「B/L発行後21日後が期限日」となっています(信用状統一規則)

L/Cに記載されている内容は、すべてが重要事項と言っても過言ではないのですが、本日ご説明した3つの期限は、L/C特有ともいえる内容です。

輸出者としてL/Cをチェックするときは、上の時間軸をしっかり把握して、それぞれの期限を確認しましょう。

 

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧

シゴ・ラボでは、その他にも貿易取引に関する知識や実務で使える仕事術など、貿易事務の方に役立つ記事を多数ご紹介しています。他の記事もチェックしてみてくださいね。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】

貿易事務を目指す方に向けて、「まずこれだけは覚えておきたい」現場で頻繁に使われる貿易用語をebookにまとめました。さっそくダウンロードして、ぜひご利用ください。

 

参考サイト

 

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。