用語

2017/01/30

フォワーダーが「船積み手続き」でしていることとは?

著者: パソナ キャリアコンサルタント(貿易担当)

フォワーダーが「船積み手続き」でしていることとは?

貿易事務にとってフォワーダー(Forwarder)とは、輸出入の際に必ずおつき合いすることになる取引先です。今回は、貿易取引に欠かせないフォワーダーが「船積み手続き」の際に必ずやることと、手続きの流れについてご紹介します。
*輸出通関手続きと同様にフォワーダーが行うため、貿易事務の方は実際に作業することはありませんが、ご紹介する流れは理解しておきましょう。

1. 書類を作成し船会社に提出、搬入後に船積みを行う

「船積み手続き」は、コンテナ船の場合、B/L(Bill of Lading/ビーエル/船荷証券) の元になるB/L Instruction(B/I)またはドック・レシート*、コンテナ内積付表(CLP: Container Load Plan)など、必要な書類を作成し船会社に提出するところからスタートします。
*近年、コンテナ船の船積手続きは電子化が進んでおり、B/L発行依頼をNACCSのシステム上で行えるようになっています。かつては、ドックレシート(D/R: Dcok Receipt)という書類が使用されていました

※関連記事:『在来船貨物とは?輸送の流れやコンテナ輸送との違いもご紹介

そして、船会社の指示にしたがって輸出貨物は指定場所に搬入されます。

それぞれの貨物の流れは下図のように、FCL貨物はCY(コンテナヤード)に搬入、LCL貨物の場合はいったんCFS(コンテナフレイトステーション)に運び込まれ、同じ仕向先の貨物と合わせてコンテナに詰められた後にCYに搬入します。

在来船貨物については船着き場の脇などに搬入され、貨物は船に積み込まれ、船積みが完了すると、船会社からB/Lが発行されます。

1. 書類を作成し船会社に提出、搬入後に船積みを行う

2. カット日までに手続き・作業を完了させる

コンテナや貨物の搬入、書類の提出には締切日(カット日)が設定されています。

通常、FCL貨物のCY搬入のカット日は船が入港する前日、LCL貨物のCFS搬入のカット日は前々日になっています。

カット日までにそれぞれ必要な手続きや作業を完了させ、依頼者の貨物が船積みできるよう手配することが、フォワーダーにとって大切な仕事のひとつなのです。

 

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧

シゴ・ラボでは、その他にも貿易取引に関する知識や実務で使える仕事術など、貿易事務に携わる方に役立つ記事を、多数ご紹介しています。スキルアップのためにも、ぜひ頭に入れておきたい情報ばかりですので、さっそくチェックしてみてくださいね。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】

貿易事務を目指す方に向けて、現場で頻繁に使われる「まずこれだけは覚えておきたい」貿易用語を便利にebookにまとめました。ダウンロードして、ぜひご利用ください。

 

参考サイト

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。