悩み・質問

2017/02/27

「輸入通関手続き」「輸入貨物の引き取り」はどのように行われているの?

こんにちは!貿易女子の円(まどか)です。先週は「輸入者が貨物の到着前にしておくべきこと」について取り上げましたが、今回はその流れに続いて、輸入通関とその貨物の引き取りについてご紹介しますね♪

「フォワーダー」が輸入者から書類や情報をもらって輸入通関と貨物の引き取りを行う

前回、輸入者側の貿易事務は“スムーズな通関と貨物の引き取り”のために業務を遂行していると話ましたが、実際の輸入通関業務と貨物の引き取り業務は手続きが煩雑なため、輸入者は必要な書類と情報を入手したら、その道のプロフェッショナルであるフォワーダーに依頼して代理で行ってもらいます。

商社や貿易会社の貿易事務の仕事をしている方は、実際に手続きすることはないのですが、今回お話する流れについては把握していただければと思います。

輸入通関手続きは税関と、貨物の引き取りは船会社・保税地域の担当者とやりとりする

では、実際にフォワーダーが行っている輸入通関と貨物の引き取りの流れを説明していきますが、文章よりも図の方がイメージしやすいと思いますので、まずは下図をご覧ください。

■輸入通関手続きと輸入貨物の引き取りの流れ(船舶輸送の場合)

どんな輸入貨物も、上図の①~⑦の流れで輸入通関と貨物引き取り業務の手続きが行われます。

※上図のフォワーダーの枠内には「通関業務」と「海貨業務」と業務内容別に分けて記載していますが、これはかつての貿易業界の仕組み(法律)の名残です。もともと、通関を専門に行う通関業者と保税地域での貨物の物流業務を行う海貨業者は別々の会社であることが多かったようですが、今では兼業している会社がほとんどで、一般にフォワーダーといえば、そのどちらの業務を行っています。

■輸入通関手続きの流れ(通関業務)

フォワーダーは輸入者から渡された書類をもとに輸入申告書を作成し、貿易業務のコンピューターシステムNACCS税関に提出し申告を行います(①)。税関は、その申告内容を審査し※1、必要に応じて現品検査します。そして、その申告内容に問題がなければ、フォワーダーにそのことを伝え、輸入者が関税や消費税を納付すると※2(②)輸入許可が下りて、輸入許可書が交付されます(③)。

※1 法令で求められる許認可手続きがある商品は、その許可を受けているかも確認されます。

※2 商社や貿易会社では、関税・消費税を支払うための口座振替契約をしていることが多く、申告内容に許可が出ると同時に、その口座から輸入品の関税・消費税が引き落とされて輸入許可書が発行されます。

■輸入貨物引き取り手続きの流れ(海貨業務)

貨物船は到着すると、貨物はCY(コンテナ・ヤード)やCFS(コンテナ・フレイト・ステーション)などの保税地域に搬入されますが、そこから貨物を引き取るのもフォワーダーが行います。

輸入貨物の引き取りは、船会社が発行する「荷渡し指図書(D/O: Delivery Order)」※が必要になりますが、フォワーダーは輸入者から受け取ったB/Lを提出して(④)「荷渡し指図書(D/O)を交付してもらい(⑤)、このD/Oと輸入許可書を保税地域の担当者(コンテナ船の場合はCYオペレーターやCFSオペレーター、ばら積み貨物船などの場合は本船の船長)に呈示して(⑥)、貨物を引き取ります(⑦)。

※荷渡し指図書(D/O)については、こちらの記事をご覧ください。

パソナは貿易事務のお仕事情報多数!

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。