用語

2016/04/04

「船荷証券(B/L)」と「荷渡し指図書(D/O)」の関係

「船荷証券(B/L)」と「荷渡し指図書(D/O)」の関係

今回は、貨物の引換証でもある「船荷証券(B/L/Bill of Lading/ビーエル) 」と、交換時に受け取る「荷渡し指図書(D/O/Delivery Order/ディーオー)」の関係や、それぞれの役割についてにご紹介します。貿易実務に携わる方は、ぜひ仕組みを覚えておいてくださいね。

B/Lと交換に受け取る「荷渡し指図書(D/O)」

B/Lは、輸出地の船会社が発行し、その後、輸出者から輸入者へと渡って、輸入者が貨物を受け取る際の“貨物の引換証”になります。しかし、B/Lと貨物が“直接”交換されるわけではなく、「荷渡し指図書(D/O)」と貨物が引き換えられているのです。
*一般的に、貿易業界では「荷渡し指図書」をD/O(ディー・オー)と略して呼ぶことが多いです。

下図も参考にしながら、輸入者が貨物を引き取るまでの流れを見てみましょう。

B/Lと交換に受け取る「荷渡し指図書(D/O)」

④輸入者から依頼を受けたフォワーダー(Forwarder)が⑤輸入者のB/Lを船会社に提出して⑥D/Oを受け取り、⑦そのD/Oを船会社の倉庫(コンテナヤード/CY、コンテナ・フレイト・ステーション/CFS)などに提示することで、輸入者は⑧貨物を引き取ることが可能になります。つまり、B/Lは“間接的に”貨物の引換証になっているのです。
※D/Oの入手(現場ではD/O交換と呼ぶことも)には、必ずB/Lが必要です。また、B/Lを提示するだけでなく、海上運賃やサーチャージなど諸費用の支払いが必要になります。

D/Oの提示先は貨物の管理場所で異なる

D/Oは、「荷渡し指図書」という日本語名が表している通り、貨物の引き渡し(=荷渡し)を指図する書類です。船会社からD/Oを受け取ったら、次は、船で運ばれた貨物を管理している業者にD/Oを提示して貨物を引き取ります。

貨物の管理場所は、コンテナ船の場合・在来船の場合・その貨物の種類によって異なります。よって、D/Oの提示先も異なります。

コンテナ船の場合

コンテナ船の貨物は、FCL(Full Container Load/エフシーエル)貨物ならコンテナヤード/CY、LCL(Less than Container Load/エルシーエル)貨物ならコンテナ・フレイト・ステーション/CFSと、保税地域に貨物が運ばれるため、CYもしくはCFSのオペレーターにD/Oを提示して貨物を引き取ります。

※関連記事:『「FCL」と「LCL」の違いを説明できますか?

在来船の場合

在来船の貨物は、「総揚げ」と「自家取り」の場合でD/Oの提示先が異なります。

船会社が一括して陸揚げする総揚げの場合は、船内荷駅業者(Lading Agent)に提示し、輸入者の責任で荷揚げする自家取りの場合は、船長に提示して、貨物を引き取ります。

※関連記事:『在来船貨物の流れを理解しよう

 

ここまでB/LとD/Oについてご説明してきましたが、一般的に商社や貿易会社では貨物の引き取りをフォワーダーに依頼するため、貿易事務の業務ではD/Oを取り扱うことはありません。

ですが、貿易に携わる方は、輸入地では船会社がB/LをD/Oに交換しているということ、貨物の引き取りにはD/Oが必要だということはぜひ覚えておきましょう。ご説明した貿易用語が分からないという方は、下記の記事も参考にしてくださいね。

※関連記事:『貿易事務の現場でよく使う!知っておきたい基本の「貿易用語」とその略語

 

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧
「シゴ・ラボ」では、貿易取引に関する用語や知識など、貿易事務のスキルアップに役立つ記事を多数ご紹介しています。他の記事もこちらからチェックしてみてください。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】
貿易事務を目指す方に向けて、「まずこれだけは覚えておきたい」現場で頻繁に使われる貿易用語をeBookにまとめました。こちらからダウンロードできますので、利用してみてくださいね。

 

参考サイト:

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。