悩み・質問

2015/06/25

日本の中にあるのに日本ではない!?「保税地域」のこと

日本の中にあるのに日本ではない!?「保税地域」のこと

みなさんは、「保税地域」という言葉をご存知ですか? 実は「保税地域」とひとくちにいっても、日本には5種類の「保税地域」があります。まずは、もっとも一般的な「保税蔵置場(以下、保税地域)」についてご紹介しましょう。

すべての輸出入貨物は「保税地域」を通っている

「保税地域」は通常、外国船や飛行機の国際線が発着する港湾や空港の近くに設置され、輸出入の許可が下りるまで貨物が蔵置される特別地域のことです。

「保税」とは、外国貨物に課す関税(輸入税)を一時留保される(関税を支払わなくても良い)、という意味。

貨物が「保税地域」にある時は関税を払わなくても良いのですが、逆に言えば「保税地域」から輸入貨物を引き取る際には、原則的に関税を支払わなければなりません。

つまり、みなさんの身のまわりにある外国の商品は全て

①港や空港に到着したあと
②「保税地域」に搬入され
③輸入許可が下り(通関手続きが完了し)
④関税が支払われ
⑤「保税地域」から引き取る

という経緯を経ています。そう考えると、「保税地域」のことが少し身近に感じられるのではないでしょうか。

ちなみに日本の「保税地域」は、財務大臣の指定、または税関長の許可により設置され、輸出入の貨物を蔵置するだけでなく、税関による審査や検疫、禁制品のチェックなども行われています。

「保税地域」は日本だけれど日本ではない!?

ここで、海外旅行に行かれたことのあるみなさんは、入国審査のことを思い出してみてください。

飛行機が渡航先の空港に到着したとしても、入国審査を通らなければ、その国を自由に旅行することはできませんね?「保税地域」というのは言うなれば、“飛行機で到着してから入国審査までの間”と同じなのです。

貨物(モノ)は人のように話せるわけではありませんから、審査には少々時間がかかります。だから貨物はいったん「保税地域」に入れて、その間に輸出入者(または、彼らが依頼した専門業者/フォワーダー)が税関に貨物の内容を申告するのです。

※関連記事:オトナ語ならぬ略語が多い貿易事務『ないか・がいか』

 

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧

シゴ・ラボでは、貿易取引に関する知識や実務で使える仕事術など、貿易事務に携わる方にとって役立つ記事を、多数ご紹介しています。みなさんが知っておきたい情報を集めてわかりやすくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】

貿易事務を目指す方に向けて、「まずこれだけは覚えておきたい」現場で頻繁に使われる貿易用語をebookにまとめました。ダウンロードして手元に置き、ぜひご活用ください!

 

関連記事

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。