用語

2019/04/12

貿易事務職の「商社・メーカー系」と「物流・フォワーダー系」の仕事内容の違いについて解説!

貿易事務職の「商社・メーカー系」と「物流・フォワーダー系」の仕事内容の違いについて解説!

英語や貿易取引の専門用語が飛び交う「貿易事務」のお仕事。最初は戸惑うことが多いかもしれませんが、取引に関する大まかな流れや、基本的な知識を理解しておけば、未経験からでも十分チャレンジ可能なお仕事です。

しかし、ひとくちに「貿易事務」と言っても、勤務先企業の業務内容やポジションによって、役割や対応内容も変わってきます。

そこで今回は、貿易実務者が普段行っているお仕事内容についての概要と、「商社・メーカー系企業」と「物流・フォワーダー系企業」で異なる、貿易事務職のお仕事内容について簡単にご紹介します。

目次
貿易事務は同時並行で動く「モノ・カネ・カミの流れ」を管理するお仕事
商社・メーカーで働く方のお仕事内容
物流会社・フォワーダーで働く方のお仕事内容
どの業務でも必要となる「コレポン」って?
アシスタントからキャリアを重ねて貿易事務のエキスパートを目指そう!

貿易事務は同時並行で動く「モノ・カネ・カミの流れ」を管理するお仕事

貿易実務では、貿易取引における「商品(モノ)」、「代金(カネ)」、「書類(カミ)」の流れを把握して、業務を進めることが大切だとよく言われています。最もシンプルな取引は、私たちも普段商品を買う際に行っている、「商品を受け取る」代わりに「代金を支払う」という売買の形(モノとカネの交換)。

一方、貿易取引は国をまたぐ取引なので、モノとカネの交換に時差が発生してしまいます。また、貿易取引には買主・売主以外に、モノを運ぶ“船会社”や、輸出入の検査を行う“税関”、カネの受け渡しを行う“銀行”など、さまざまな人たちが関わってきます。

そのため、それぞれの場面で求められる「書類(カミ)」も複数あり、商品の移動、商品代金の移動に付随して同時並行で動いていきます。
貿易事務は同時並行で動く「モノ・カネ・カミの流れ」を管理するお仕事

・モノ:貨物運送の流れ
・カネ:金融機関を通じた代金決済の流れ
・カミ:船会社、銀行、税関などへ提出する書類の流れ

上の図は、貿易取引の流れを簡易化したものですが、モノとカネの移動、カネとカミの移動、またはカミだけの移動も行われていると、ご理解いただけたのではないでしょうか。

貿易事務は、各種書類のチェックや取引企業のやりとりなど、輸出・輸入の現場を支える重要なお仕事。そのため、商社・メーカーであれ、フォワーダー・物流企業であれ、この流れの中で、「誰が」「誰に」「何を」「いつ」「どこから」「どこに」といった流れを押さえながら、業務を行うことが大切になってきます。

ここからは、「商社・メーカー系企業」と「物流・フォワーダー系企業」、それぞれにおける貿易事務職の具体的なお仕事内容について、ご紹介していきます。

※関連記事:『輸入・輸出に関する、貿易事務の実務内容を一挙ご紹介!

商社・メーカーで働く方のお仕事内容

商社やメーカーの貿易事務職とひとくちにいっても、任される業務範囲は会社によって異なりますが、会社規模が大きくなるほど細分化された業務を行うケースが多く、中小企業の場合は幅広い業務を行うのが一般的です。

貿易事務職の未経験スタートや初心者の方は、業務が細分化されている企業で働くと、個人の担当範囲が定型化しているので、その業務に早く慣れるでしょう。

<お仕事内容の一例>
・商品の受発注
・納期調整
・輸出者または輸入者とのコレポン
・船会社への船腹予約(ブッキング)
・貿易関連書類の作成および確認(インボイスパッキングリストなど)
・貨物海上保険の手続き
・運送手配、輸出入手続き(通常、フォワーダーと連携して行います)
・商品代金決済業務(通常、社内の経理部と連携して行います)
・社内システムへの情報入力(輸出入品の数量、価格など)

※関連記事:『【貿易書類】「インボイス」の3つの役割と記載しておくべきこと』『倉庫担当者にもわかりやく!「パッキングリスト(Packing List)」』『船荷証券(B/L)」の記載内容はじっくり確認!

物流会社・フォワーダーで働く方のお仕事内容

先ほどの図でもご紹介した通り、貿易取引では、モノ・カネ・カミの移動のために、さまざまな会社や機関が関わってきます。

国際運送手配や輸出入申告を、輸出入者の代理で行うフォワーダー(通関業者・海貨業者)、国際運送を担う船会社や航空会社(または専門代理店)、国際貨物を専門取り扱う倉庫会社などが代表的ですが、このような物流・貿易業務に特化した企業における、貿易事務のお仕事もあります。

<フォワーダーのお仕事内容の一例>
・船会社への船腹予約(ブッキング)
・税関への輸出入申告(通関)
・海外のフォワーダーや運送会社への連絡
・輸出入貨物の管理など
・社内システムへの船積書類データ入力など

*フォワーダーには通常、税関への輸出入申告(通関手続き)を行う通関士がいます。「通関士」は貿易関連で唯一の国家資格で、通関士試験に合格した人だけが、輸出入者の通関業務を代行できます。

<船会社のお仕事内容の一例>
・入出港するコンテナ船、在来船の運航管理
・船荷証券(B/L)の発行
・貨物到着案内(アライバルノーティス)の送付
・国内外の関係官庁や港湾局、港湾関係会社との連携など

<保税倉庫業務のお仕事内容の一例>
・輸出入貨物の入出庫管理
・貨物のチェック
・改装、仕分け、簡単な加工
・倉庫内の整理など

※関連記事:『通関士ってどんな資格?どんな仕事?』『保税蔵置場で行うことのできる作業を知っていますか?

どの業務でも必要となる「コレポン」って?

どの業務でも必要となる「コレポン」って?

貿易実務を行うなかで、現場で良く耳にするのが「コレポン」という貿易用語。初めての方には聞きなれない言葉ですが、コレポンとは英語の「Correspondence(コレスポンデンス)」の略で、貿易実務においては「海外の取引先と、外国語(主に英語)の文章でやりとりすること」を意味します。

貿易事務職において、コレポン業務は「商社・メーカー系」と「物流・フォワーダー系」いずれの企業においても発生することが多い、基本的な業務です。最初は、簡単なビジネスメールの定型文のライティング・読解から慣れていき、簡潔かつ正確に伝わるメールが書けるよう、英語力を磨いていきましょう。

なお、海外と日本では商習慣も異なるので、コレポン業務では、相手国のことをよく知っておくことも大切です。

※関連記事:『貿易事務の募集要項で見かける「コレポン」って何?

アシスタントからキャリアを重ねて貿易事務のエキスパートを目指そう!

ご紹介してきたように、貿易事務のお仕事内容は、就業先の業界・業種によって異なる上、それぞれの会社が担う業務範囲や部署、ポジションによってもさまざまです。

未経験者の方は、希望の業務内容に近しい各社の貿易事務アシスタントとして、働き始めるのもひとつの方法。例えば、商社やメーカーの貿易事務職における書類作成は、テンプレート(ひな形)のあるケースがほとんどなので、未経験からチャレンジしやすいのが特徴です。

パソナでは「未経験から貿易事務のお仕事にチャレンジしたい」という方にオススメのアシスタント業務から、貿易事務の経験豊富な方向けの高時給業務まで、さまざまなお仕事を取り扱っています。

将来のことを考えて貿易事務に就きたいとお考えの方や、更なるステップアップに挑戦したい方は、お仕事探しの際にひとつの選択肢として、“派遣の貿易事務職”を検討してみてはいかがでしょうか。

参考サイト

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

貿易の情報を網羅する、新サービス
貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォームDigital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる!
「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位!
派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

実績40年以上の築かれた信頼
商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事
みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。