CBM(Cubic Meter)とは?計算方法もご紹介!

みなさんは「CBM」と聞いて、何のことかピンときますか?CBMとは貿易用語のひとつで、貨物のある単位を表しています。今回は、このCBMについて詳しくご紹介します。貿易業務に携わる方はぜひ覚えておきましょう。

CBM(Cubic Meter/立方メートル)とは、運賃のベースレート

「CBM」とは、Cubic Meter(立方メートル)の略語で、「M3(エムスリー)」とも呼ばれ、貨物の容積を表す単位です。

海上貨物の運賃は、荷物の縦・横・高さをメートルに直してかけ算した値(単位:CBM/M3)をベースにしているため、船会社が発行するB/L(Bill of Lading/ビーエル/船荷証券)アライバルノーティス(Arrival Notice/貨物到着案内/A/N)などの書類に記載されています。

*CBM(M3)は容積の単位であり、物体そのものの形状は問いません。輸送の場合、球体などは重ねて置けないため箱詰めされていることが多く、正方体もしくは長方体で計算されています。

CBMが運賃のベースレートとして使われるのは、海上輸送の中でも主にLCL貨物。船会社や航路の距離によって1CBMあたりの運賃、サーチャージが決まっており、「1CBMあたり、○ドル(○円)」とかけ算で計算されます。
FCL貨物の場合はコンテナ1本分の料金を支払うため、中に詰め込まれた容積・CBMに影響を受けないことが一般的です。

アライバルノーティスにはこのレートが記載されているので、貿易業務に携わっている方は、船会社各社のレートを調べてみてくださいね。

※関連記事:『「FCL」と「LCL」の違いを説明できますか?

CBMの計算方法は?

では、ここでCBMの計算方法をご紹介しましょう。

46cm x 32cm x 29cm の段ボール箱(Carton Box)のCBMは、それぞれをメートルに直し、

0.46m x 0.32m x 0.29m = 0.042688 CBM

となります。

船で1箱だけ送るケースはあまり多くありませんが、航空輸送の場合は1箱だけ送ることも。そこでCBMを計算する場合は、上記のように計算してください。

ちなみに、船の貨物の容積は小数点第2位、または3位まで計算。また、小数点以下の切り上げ・切り捨てルールは船会社によって異なり、1CBM以下の貨物はすべて1CBMと計算することが一般的です。

また、コンテナ船に積み込むLCL貨物は、フォークリフトで積み降ろしができるよう、パレットに積まれることが一般的。その場合はパレットも含めたCBMが計算されるので、コスト計算など貨物のCBMを計算するときは注意しましょう。

 

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧
「シゴ・ラボ」では、貿易取引に関する用語や知識など、貿易事務の方に役立つ記事を多数ご紹介しています。他の記事もこちらから、チェックしてみてください。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】
貿易事務を目指す方に向けて、「まずこれだけは覚えておきたい」現場で頻繁に使われる貿易用語をeBookにまとめました。こちらからダウンロードできますので、利用してみてくださいね。

 

関連記事:

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。