用語

2016/04/04

「船荷証券(B/L)」と「荷渡し指図書(D/O)」の関係

こんにちは!貿易女子の円(まどか)です。今日は「船荷証券(B/L ※以下B/Lと記します)」と「荷渡し指図書(D/O)」の関係についてご紹介します。これまでB/Lについては何度かお話していますが(注)、「荷渡し指図書(D/O)」について話をするのは初めて。今日は、B/Lに関係するこの書類にどんな役割があるのか知っていただけたらと思います♪

(注)今回の記事は、これまで「船荷証券(B/L)」について話したことを踏まえて書いています。B/Lの内容理解に不安のある方は、「船荷証券(B/L)の記載内容はじっくり確認!」をご覧いただければ、より理解しやすいかと思います。

B/Lと交換に受け取る「荷渡し指図書(D/O)」

すでに貿易事務に関わっていらっしゃる方にはご存知の方が多いと思いますが、B/Lは輸出地の船会社が発行し、その後、輸出者から輸入者へと渡って、輸入者が貨物を受け取る“貨物の引換証”です。

事実、B/Lは貨物の引換証なのですが、B/Lと貨物が“直接に”交換されるわけではありません。実際にはB/Lと貨物が引き換えられるのではなく、「荷渡し指図書(Delivery Order: D/O ※以下D/Oと記します)」という書類と貨物が引き換えられています。

※一般的に、貿易業界では「荷渡し指図書」をD/O(ディー・オー)と略して呼ぶことが多いです。

下図と合わせてご覧いただいきたいのですが、貨物引き取りまでの流れを細かく見ると、(輸入者から依頼を受けた)フォワーダーが輸入者のB/Lを船会社に提出してD/Oを受け取り、そのD/Oを船会社の倉庫(CY、CFS)などに提示し、貨物を引き取る…という流れになっています。つまり、B/Lは“間接的に”貨物の引換証になっているのです。

※D/Oの入手(俗にD/O交換といいます)には、必ずB/Lが必要です。また、B/Lを提示するだけでなく、海上運賃やサーチャージなど諸費用の支払いが必要になります。

D/Oは、日本語名の荷渡し指図書という言葉が表している通り、貨物の引き渡し(=荷渡し)を指図する書類です。船会社からD/Oを受け取ったら、次は、船で運ばれた貨物を管理している業者にD/Oを提示して貨物を引き取ります。

貨物を管理している場所は、コンテナ船の場合・在来船の場合・その貨物の種類によって異なるので、D/Oの提示先も異なります。

コンテナ船の貨物は、FCL貨物ならコンテナ・ヤード(CY)、LCL貨物ならコンテナ・フレイト・ステーション(CFS)と、保税地域に貨物が運ばれるため、CYもしくはCFSのオペレーターにD/Oを提示して貨物を引き取ります。

在来船の貨物は、総揚げと自家取りの場合でD/Oの提示先が異なります。船会社が一括して陸揚げする総揚げの場合は船内荷駅業者(Lading Agent)に提示、輸入者の責任で荷揚げする自家取りの場合は船長に提示して、貨物を引き取ります。

パソナは貿易事務のお仕事情報多数!

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。