スキル

2018/04/10

【ビジネス英語】意外と知らないアポストロフィー(’)~省略を表すとき~

今回ご紹介するのは、英単語の表記を省略して短縮形で表すときの使い方。いくつかの表現がありますが、ここでは代表的な2つについて解説いたします。

省略を表すときの “apostrophe(’)” をマスターしよう

1. 主語 +( be動詞 / 助動詞 / have動詞の短縮形 )

主語の後にこれらの動詞が続くと、主語にくっつく形で表記を省略し、短縮形で表すことがあります。主語は人の名前や人称代名詞でも、物や場所の代名詞でもOK。具体的な省略ルールは以下をご確認くださいね。

I’m          (= I am)
You’re     (= You are)
George’s(= George is / George has)
That’ll    (= That will)
I’d            (= I would / I had)
You’ve    (=You have)
Here’re  (= Here are)
There’s  (=There is / There has)

“is” と “has”、“would” と “had” は、短縮形だと同じかたちになります。省略表記された単語によっては、文の意味が変わることも。何が省略されたかは文脈で判断します。

また、be動詞が過去形の場合、一般的には短縮形で表しません。have動詞も、一般動詞としての “have / has” の場合は、省略表記できませんのでご注意を。

2.疑問詞 +( be動詞 / 助動詞 / have動詞の短縮形 )

先述の「主語+上記の動詞」で、短縮表記される場合と省略ルールは同じ。

疑問詞は “5Ws1H” と言われますが、これは疑問詞の頭文字を取って表したもの。 “Who / What / Where / When / Why” の “5W’s” と “How” の “1H”。文中での省略は、下記のようになります。

“Who’s been there ?”(= Who has)
誰がそこに居たのですか?
“What’s going on ?”   (= What is)★
何が起こっているのですか?
“Where’ve you been ?”(= Where have)
どこに居たの?
“When’s his birthday ?”(= When is)
彼の誕生日はいつですか?
“Why’s he running ?” (=Why is)
なぜ彼は走っているのですか?
“How’ve you been ?” (=How have)★
元気にしていましたか?

上記6文のうち、★マークをつけた2番目と6番目は、決まり文句のように日常でよく使われる表現です。ぜひこの機会に覚えておくと便利ですよ!

 

関連記事:

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。