用語

2015/12/17

ダンボール箱以外の輸出梱包の種類

貨物を輸出する際には、その商品の性質や形態に合わせた梱包がされているものです。みなさんは、段ボール箱以外にどんな梱包の仕方があるのかご存知ですか? 今回は、主な梱包の種類をまとめてご紹介します。

梱包の種類は豊富にある

貿易事務の仕事では、出荷する貨物の梱包を選ぶということはあまりありませんが、船荷証券(B/L)パッキングリスト(Packing List)には貨物の梱包状態(荷姿)が記載されていますので、知っておくとお仕事の際に役に立ちます。

カートン・紙箱(Carton Box *略: CTN、 C/Tなど)

カートンは、厚紙やダンボールでつくった紙箱で、比較的軽量のものを梱包するのに用いられています。箱を数えるときの単位でもあり、「1カートン」、「2カートン」と言います。

木箱(Wooden Case)

工作機械、機械設備などの重量物を梱包するのに使われています。ただ、木箱は、諸外国の植物検疫規制により熱処理や燻蒸(くんじょう)処理などで消毒を行う必要があるため、昔ほど使用されなくなってきています。近年はその代わりに、スチールやトライウォール(強化ダンボール)でできた箱が注目を集めています。

枠箱・クレート(Crate)

枠箱・クレートは、上の写真のように外から貨物を見ることができる箱で、透かし箱とも言われます。機械などの重量物の梱包によく使われますが、内容物が防水を必要とせず、または局部的な処置で足りるときの梱包仕様。クレートの材質には、木材だけでなくスチール製のものもあります。

ベール(Bale)

ベールは、上の写真のように、綿花や干し草、羊毛などに用いられ、素材を圧縮しビニールや布などで巻いたり、テープなどで帯をかけたりする梱包を指します。

麻袋(Gunny bag)

穀物やコーヒー豆、あるいは粉状のものは、袋詰めで梱包されることもあります。写真は麻袋(Gunny bag)ですが、紙袋、ビニール袋もあり、書類には単にBagと記載されることもあります。

樽(Barrel / Cask)

ワインやウィスキーなどはもちろん、塗料などの液体商品には、樽(バレル/カスク)が使われることもあります。ちなみに、小型の樽はケッグ(Keg)と呼んでいます。

その他

他にも、ドラム(Drum)や缶(Can)、束(Bundle)、コイル(Coil)、ロール(roll)など、梱包仕様はいろいろあります。もしB/Lやパッキングリストで見慣れない単語が出てきたら、インターネットなどで調べてみてくださいね。

 

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧

シゴ・ラボでは、その他にも貿易取引に関する知識や実務で使える仕事術など、貿易事務の方に役立つ記事を多数ご紹介しています。他の記事もチェックしてみてくださいね。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】

貿易事務を目指す方に向けて、「まずこれだけは覚えておきたい」現場で頻繁に使われる貿易用語をebookにまとめました。ダウンロードして、ぜひご利用ください。

 

参考サイト

 

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。