悩み・質問

2018/01/12

間接部門の経理、目標設定のコツは??

今週の相談
SHOZOさん、あけおめです。私は去年から経理の仕事を始めましたが、正直仕事を覚えるのに精一杯の1年でした。なので、今年はしっかり個人として目標を立てるなど積極的に仕事と向き合っていきたいのですが、肝心の目標の立て方がよくわかりません……。というわけで、うまい目標の立て方を教えてください。あ、できれば業務の目標設定の立て方にも使えるようなものだと嬉しいです。

神奈川県 リリ(24歳)

わがままな相談だな!

しれっと色々条件をつけてきている、なかなかわがままな相談だな!だが、俺は昔からこういうわがままなお願いに弱い!どう考えてもムリそうな頼みであっても、上目遣いで「お願い♡」なんて言われると、断れずに全力で引き受けてしまう自分がいる!それに、向上心があるのはいいことだしな!というわけで、今回は経理の目標設定のコツについて説明していくぞ!それじゃ行ってみよう、スマーッシュ!

間接部門の目標設定は難しい!

まず覚えておきたいのが、経理などの間接部門は目標設定が難しいということだな!なぜかって?受注件数や売り上げなど具体的な数字が出せる営業と比べて、数値化できるものが少ないからだな!具体的な数値のない目標はあいまいになりがちなんだ!テニスでいうなら「サーブで200キロ出す」なら目標にしやすいが「ストロークを強くする」だと自分でも達成基準があいまいになってしまうよな!

それと、改善・改革に絞った目標というのも間接部門は立てにくい!伝票処理などの定常業務が中心であれば、なおさらだ!球拾いの改善・改革に絞った目標を立てろなんていわれたら、俺は困るだろうな!では、間接部門の目標設定はどのようにしたらいいのか、以下を見ていこう!

数値化した目標を立てられないなら、それ以外の部分で工夫をしよう!

間接部門は数値化した目標が立てにくいのは仕方がない!他の部分で工夫をしよう!例えば目標を立てるとき、「できるだけ具体的な表現を使う」とかな!それから達成状態のイメージを共有するために、事前に上司とすり合わせをしておくといいだろう!

数値を用いた目標を作るために、今のうちから職場の主な事柄を採取し、データ化していくという方法もあるぞ!たとえば遅延日数や残業時間、クレーム件数などを蓄積しておけば、数年経ってデータが整ったときに、具体的な数値に沿った目標設定が可能になるだろう!

改善・改革に絞った目標を求められたら!

上で話した通り、経理などの間接部門では、改善・改革に絞った目標が非常に立てにくい!もしも上司から求められた場合は、改善・改革目標が立てやすい業務を担当できるよう、業務の組み替えを相談してみよう!もしもそれが難しいようであれば、定常業務を目標にすることを許可してもらうといいぞ!

まずは日頃の業務をデータ化してみよう!

どうだ!経理などの間接部門の目標設定について少しはわかってもらえただろうか!紹介してきたように、経理は具体的な数値が出しにくい業務だから、目標が立てにくい!そこでリリ君はまず、日頃の業務を少しずつデータ化してみてはどうだろう!そうすれば、将来的に目標設定がグッと楽になるはずだぞ!というわけで、今回はここまで!君の悩みに……スマーッシュ!

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。