スキル

2017/06/13

【ビジネス英語】英語文化でも挨拶は大切!“ご無沙汰しております” “お久しぶりです”

【ビジネス英語】英語文化でも挨拶は大切!“ご無沙汰しております” “お久しぶりです”

今回は、「挨拶」に関する英語フレーズをご紹介します。日本語文化ほどかしこまっていないにしろ、英語文化でも挨拶は基本中の基本。英語を使って、相手と良好なコミュニケーションを図るためにも、しっかりマスターしておきましょう。

英語文化でも、相手との関係性に合わせた挨拶は大切!

英語での挨拶については、日本語よりもフレンドリーな印象を持つ方が多いのではないでしょうか。実際に使われている表現はたくさんありますので、まずはカジュアルなフレーズからご紹介します。

“Long time no see.”
(会うのが)久しぶりですね。
“Long time no talk.”
(話をするのが)久しぶりですね。
“Long time no hearing.”
(連絡を取るのが)久しぶりですね。
“It’s been a while.”
しばらくぶりですね。
“It’s been forever.”
すごく久しぶりですね。
“It’s been ages.”
何年ぶりかしら / 長年お会いしなかったですね。

ここまでが、比較的カジュアルな表現。ここからは、ややかしこまった印象の表現です。

“It’s been a long time since the last time I contacted you”
前回ご連絡して以降、しばらくご無沙汰しておりました。
“I haven’t seen you for a long time.”
長らくご無沙汰しております。

少し変則的ですが、このように言うこともできますよ。

“Great to see you again.”
再会できてとても嬉しいです。
“It’s nice to see you again.”
またお会いできて嬉しいです。

ダイレクトに「久しぶり」という言い方はしていませんが、文意からしばらく会っていなかったことが読み取れます。また、どんなフレーズでも、挨拶の後に続けて相手の近況をうかがう一文を加えるのが、一般的な礼儀です。

“How have you been?”
お元気でしたか? / どうされていましたか?

しばらく会っていない間の状況を尋ねることで、会話も弾みますよね。

“How are you?”(お元気ですか?)と聞くこともできますが、「久しぶり」と挨拶をするくらい会っていないときに、近況を尋ねる言い方としては、“How have you been?” の方がオススメです。

 

参考サイト:

目指せ!憧れの語学スペシャリスト|株式会社パソナ

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。