悩み・質問

2018/02/22

中東の国々と日本の貿易事情をまとめてみました

著者: パソナ キャリアコンサルタント(貿易担当)

中東の国々と日本の貿易事情をまとめてみました

今回は、中東(Middle East)の国々の貿易事情についてご紹介します。

中東といえば一部の国の情勢不安もありますが、ドバイのような観光都市や富豪が集まるリゾート地もあるのです。また、中東=石油といったイメージを持つ方も多いと思いますが、イスラエルやトルコなど、エネルギー大国ではない国にも目を向けると、知らなかった中東が見えてきますよ!

目次
中東の国々をいくつ挙げられますか?
日本が輸入している石油の約85%が中東各国からやってきている
イスラエル、トルコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦の貿易事情

中東の国々をいくつ挙げられますか?

みなさんは、中東には何カ国あるかをご存知ですか?

どうやら世界共通の中東(Middle East)という地域概念はなく、捉え方次第で該当する国の数も変わってくるようです。ただ、日本の外務省では15カ国とイスラエルパレスチナ自治政府*を挙げています。

*パレスチナは、日本政府は国として承認していないため、自治政府という表現をしています。ただし、国際連合加盟国(193カ国)中130カ国以上の国が国家承認しています

みなさんにとってなじみのない国もあるかと思いますが、この機会にすべての国を挙げると…

アフガニスタン、アラブ首長国連邦、イエメン、イスラエル、イラク、イラン、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、シリア、トルコ、バーレーン、ヨルダン、レバノン、(パレスチナ)となります。

中東の国々をいくつ挙げられますか?

中東全体の総面積は約680万平方キロメートル(日本の約18倍)で、総人口は約3億6000万人(日本の約3倍)の人々が暮らしています。

ちなみに、一番人口が多い国はイランとトルコでそれぞれ約8,000万人、石油国として名高いアラブ首長国連邦が927万人、サウジアラビアが3,228万人、一番人口の少ない国は島国のバーレーンで142万人です。

※2018年1月外務省HP調べ

日本が輸入している石油の約85%が中東各国からやってきている

中東と日本の貿易取引でパッと思い浮かぶものは、なんといっても石油(原油及び粗油)だと思いますが、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタールなど7カ国から輸入していて、輸入総額の約85%も占めています。

日本が輸入している石油の約85%が中東各国からやってきている

その他、鉱物燃料であるLNG(液化天然ガス)も、カタールやアラブ首長国連邦、オマーンから輸入しており、資源の少ない日本にとって中東のエネルギー大国との関係性はとても重要なのです。

関連記事:「日本は石油をどの国から輸入している?

イスラエル、トルコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦の貿易事情

では、中東各国の貿易事情(少し特徴のある4カ国を取り上げます)や、日本との貿易関係をご紹介しましょう。

イスラエル

イスラエルは資源大国ではありませんが、ダイヤモンドをはじめとする真珠・貴石などの輸出入が盛ん。また高度な技術力を持ち、医療精密機器、化学製品などが代表的な輸出品になります。

日本との貿易取引では、日本からは自動車、イスラエルからは電気機器が一番取引されています。

トルコ

自動車、自動車部品、機械類、貴金属類、ニット衣類が主要な輸出品で、ヨーロッパや中東各国を最大の貿易相手国としています。

中東では一番の親日国ですが、日本との貿易取引量は少なく、トルコから日本への輸出は輸出総額の0.3%、日本からトルコへの輸入総額でも2%しかありません。

日本は主に食料品や衣類などを輸入し、トルコは日本から機械類や自動車・自動車部品 を輸入しています。

サウジアラビア

世界最大級の石油埋蔵国であり、輸出総額の約9割が石油で占めているエネルギー大国。

ただ、財政収入の8割を石油に依存していることから、近年、石油部門以外の発展に力を注いでおり、2016年には「ビジョン2030」を発表。金融分野や再生エネルギー分野への投資、外国企業の受け入れ、国営石油会社の株式を一部公開するなど、大きく変わろうとしています。

なお、食料品、機械類、輸送用機器(自動車)、化学製品など、さまざまな物品をアメリカや中国、ドイツ、日本から輸入しています。

アラブ首長国連邦(UAE)

サウジアラビアと同じくエネルギー大国ですが、ドバイを商業・運輸のハブとして発展させるほか、製造業やサービス業などの推進にも取り組み、石油に依存する経済からの脱却を図り、日本からも多くの企業が進出しています。

なお、上でもご紹介したことと重なりますが、日本はUAEから石油やLNG、アルミニウムを主に輸入し、自動車・貨物自動車、機械類を輸出しています。

 

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧

シゴ・ラボでは、その他にも貿易取引に関する知識や実務で使える仕事術など、貿易事務の方に役立つ記事を多数ご紹介しています。他の記事もチェックしてみてくださいね。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】

貿易事務を目指す方に向けて、「まずこれだけは覚えておきたい」現場で頻繁に使われる貿易用語をebookにまとめました。ダウンロードして、ぜひご利用ください。

 

参考サイト:

 

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。