用語

2015/11/02

【インコタームズ】輸入者の負担範囲が大きいEXW

著者: パソナ キャリアコンサルタント(貿易担当)

【インコタームズ】輸入者の負担範囲が大きいEXW

今回は、貿易取引に関するEXWという規則についてご紹介します。EXWとは、インコタームズ(貿易条件)2010の規則のひとつですが、11の規則の中でもっとも売主(輸出者)の負担が少なく、買主(輸入者)の負担が大きい規則です。

※関連記事:『インコタームズ(貿易条件)とは?最新版(2020)の変更点も解説!

輸入者の負担範囲が広いEXW規則

早速ですが、EXWの「危険負担」と「費用負担」の分岐点を、下図で見ていきましょう。

輸入者の負担範囲が広いEXW規則

EXW(工場渡し)/EX Works (…named place)

EXWは、売主が自社の拠点である工場や倉庫などの敷地内で買主に渡し、その後のリスク(危険と費用)はすべて買主が負担します。商品を引き取るためのトラックなどの輸送手段も買主が手配し、積み込み作業の危険負担も買主にあります。

インコタームズの11規則の中で、買主が輸出国での輸送費用、輸出通関の費用を負担する規則はEXWだけです。ただし売主も、関係省庁からの輸出認可取得や、輸出通関を行う際に輸入者に必要な情報を提供する助力義務があります。

EXW(工場渡し)/EX Works (…named place)

EXWを使用するときの注意点

EXWは買主(輸入者)の負担が大きいため、買主がこの条件で契約する時には、注意しなければならないことがあります。それは「買主が輸出国で、輸送や輸出通関の手配をできるのか?」という問題です。

フォワーダー(Forwarder)の中には、海外各地域での流通業務や通関業務の手配も行っている会社もあります。

しかし、もしあなたが買主の立場で、あなたの会社の取引先のフォワーダーが輸出国内で手配ができないのであれば、手配できるフォワーダーを探すか、EXWの使用を避け別条件で再交渉しましょう。

反対に売主の立場であれば、期日内にきちんと商品を生産するということ以外、運送業者や船会社への手配は必要ありません。納品書であり請求書でもあるインボイス(Invoice/送り状)を作成して、買主、または買主が手配したフォワーダーからの連絡を待ちましょう。

 

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧

シゴ・ラボでは、貿易取引に関する知識や実務で使える仕事術など、貿易事務に携わる方にとって役立つ記事を、多数ご紹介しています。知っておきたい情報を集めてご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】

貿易事務を目指す方に向けて、「まずこれだけは覚えておきたい」現場で頻繁に使われる貿易用語をebookにまとめました。ダウンロードして手元に置き、ぜひご活用ください!

 

参考サイト

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。