悩み・質問

2017/12/26

【ビジネス英語】「別れ際のあいさつ」の英語フレーズ集

著者: パソナ キャリアコンサルタント(貿易担当)

【ビジネス英語】「別れ際のあいさつ」の英語フレーズ集

今回はビジネスシーンで使える「別れ際のあいさつ」の英語フレーズをご紹介します。あいさつは、人とのコミュニケーションにとって欠かせない要素。相手との関係性やシチュエーションに合わせた使い分けができるよう、しっかりポイントを押さえておきましょう。

フォーマル? カジュアル? 場面に適したあいさつを心がけて

「別れ際のあいさつ」は、コミュニケーションにおいて、相手との関係を次につなげていくためにもとても重要なものです。せっかくその場が盛り上がっても、締めのあいさつがイマイチではもったいないですよね。

特に、ビジネスシーンでは、相手と良好な関係を構築し、次のステップへと上手くつなげるためにも、最後まで気を抜かず、しっかりとしたあいさつで締めくくれるようにしておきましょう。

それでは早速、ビジネスシーンで使えるフォーマルな英語の「別れのフレーズ」をいくつかご紹介します。

It was nice / great to see you”(お会いできてよかったです)
一番無難に使えるフレーズ。ビジネス以外でも、目上の人や少し関係に距離がある方に対しては、このレベルの丁寧さが必要です。

It was nice talking with you.”(お話できてよかったです)
このように、動詞を「会う」の代わりに「話す」で代用してもOKです。

I’m looking forward to seeing you again.”(またお会い出来るのを楽しみにしています)
かなりフォーマルな表現。使うときに気をつけるべきは、文のかたち。“to” の後は名詞がくるので、“see” ではなく “seeing”になります。

It was a pleasure meeting you.” (お会いできてよかったです)
フォーマルな表現です。相手からこのように言われた際は、以下のように返事ができるといいですね。
The pleasure / Your pleasure was all mine.” (こちらこそ、お会いできて光栄です)

I’ll see you around.” (それではまた)
このフレーズだけで使用するのではなく、「会えて良かったです」のようなあいさつの後、最後の一言として付け加えるのがよいでしょう。

Take care of yourself.” (お気を付けて / ご自愛ください)
本来のフレーズは上記ですが、省略して “Take care” と言われることもあります。その場合は、フォーマル度が少し下がります。しばらく会えなくなるようなときによく使われるフレーズです。

Have a nice day / a good weekend.”(良い一日を / 良い週末を、お過ごしください)
丁寧なあいさつですが、そこまでフォーマルではありません。職場の同僚・友人同士、また、ショップ店員が顧客に対して使うことも多いフレーズです。

次に、カジュアルな言い方をご紹介しましょう。既にご紹介した “Take care of yourself.” や “Have a nice day / a good weekend.” は、やや丁寧ですが、さほどフォーマルではないため、ビジネスシーン以外でも一般的に使われているフレーズです。加えて、日常生活で非常によく使用されているのが以下のフレーズです。

See you.” (また会おうね)
See you later.” (また後でね / また今度ね)
bye” (バイバイ)
byeは日本語のように2回続けて言わないのでご注意を!その代わりに、

bye now” (じゃあね / またね) というフレーズを覚えておくと良いでしょう。

相手との関係性やシーンに合わせて適切なフレーズを使用してくださいね。

 

参考サイト:

目指せ!憧れの語学スペシャリスト|株式会社パソナ

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。