用語

2016/11/14

「バンニング」「デバンニング」って何のことかわかりますか?

「バンニング」「デバンニング」って何のことかわかりますか?

上の写真はフォークリフトで貨物を運んでいるところです。「バンニング」「デバンニング」はこの作業に関わる言葉で、貿易取引に関わるならぜひ知っておくべき用語です。今回はこの「バンニング」「デバンニング」についてご紹介しましょう。

コンテナへの貨物積み降ろしで使われる貿易用語

「バンニング」とはコンテナへの貨物を積み込むこと、「デバンニング」とは反対にコンテナから貨物を取り出すことを指します。一般的には、上の写真のように、フォークリフトを使ってコンテナへ貨物を運んだり、取り出したりします。

コンテナへの積み降ろし作業を行うフォワーダー(Forwarder)や海貨業者、倉庫業者など、港湾業務や倉庫業務に携わっている方の間では、「明日貨物をバンニング(バン)する」「デバンしたあとに連絡もらえますか?」といった言い回しで使われています。

「バンニング」「デバンニング」の英語表現も覚えよう

ちなみに「バンニング」「デバンニング」は、英語の「vanning」「devanning」に由来していますが、海外の方はバンニング(vanning/van)を伝える時に、「loading/load」や「stuffing/stuff」と書いている方が多いように感じます。

「vanning」は「(車の)バンで旅行すること」という意味でも使われるため、相手に誤解を与えずに、その作業を表す「loading」「stuffing」が使われるのかもしれません。また、デバンニング(devanning/devan)はバンニングよりも見かけますが、こちらも「unloading/unload」を用いられる方が一般的です。

貿易事務でのコレポン業務の時には、相手により通じやすい「load/unload (the goods)」を使った方が無難だということも、知っておいてくださいね。

 

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧

シゴ・ラボでは、貿易取引に関する知識や実務で使える仕事術など、貿易事務に携わる方にとって役立つ記事を、多数ご紹介しています。知っておきたい情報ばかりを集めてご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】

貿易事務を目指す方に向けて、「まずこれだけは覚えておきたい」現場で頻繁に使われる貿易用語をebookにまとめました。ダウンロードして手元に置き、ぜひご活用ください!

 

参考サイト

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。