スキル

2015/06/30

【ビジネス英語】BTWは何の略?「E-mailの略語」を覚えよう

【ビジネス英語】BTWは何の略?「E-mailの略語」を覚えよう

「BTW」が何の略語か、みなさんはわかりますか? そう、「BTW」は「By the way(ところで)」の略です。今回は「BTW」のような、E-mailでよく使われる略語をご紹介します。

ビジネス英文メールで見られる略語

英語には、日本語にはない略し方があります。例えば、「VIP = Very import person」、「ASAP = As soon as possible」のような略語(Acronyms)は有名なので、ご存知の方も多いでしょう。

このような略語は、英語圏でふだんから気軽に使われているもので、個人間のビジネス英文メールでもよく使われています。

略語には、すでに一般用語にまで浸透しているものと、スラングで使われているものがあり、英語圏で生活していない方にとっては、ビジネスにふさわしいかどうか判断が難しいものもあります。

略語を良しとするかは、個人の価値観にもよるため、ファーストコンタクトでは使わない方が無難でしょう。

それでも、海外の貿易事務担当者のなかには頻繁に略語を書かれる方、親しみをこめて使う方もいますので、知っておくと便利です。

それでは以下で、ビジネス英文メールでもよく使われている略語をご紹介します。

よく使われる略語一覧
AKA, a.k.a (Also know as 〜) 〜として知られている
ASAP (As soon as possible) できるだけ早く
BTW (By the way) ところで
b/w (Between 〜) 〜のあいだ
Coz (Because) なぜなら、というのも
e.g. (exempli gratia[ラテン語]=For example) たとえば
FAQ (Frequently asked questions) よくある質問
FYI (For your information) 参考までに
FWIW (For what it’s worth) 役に立つかどうかどうか分かりませんが
i.e. (id est[ラテン語]= that is) すなわち、言い換えれば
IMO (In my opinion) 私の見解では
info (Information) 情報
N.A. (Not available/applicable) 入手不能、入手困難、資料なし
Pls (Please 〜) 〜をお願いします
qty (Quantity) 数・数量
RE: / Re (Regarding 〜) 〜に関して
R.S.V.P (Respondez s’ il vous plait[仏語]= Please reply) 折り返し返事ください
TKS / Thx (Thanks) ありがとう
w/ (With 〜) 〜と一緒に
w/o (Without 〜) 〜なしで、〜しないで

 

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。