用語

2015/08/04

【ビジネス英語】スペル確認の定番「A for America, B for …」

【ビジネス英語】スペル確認の定番「A for America, B for …」

日本語でも、自分の名前や住所などの漢字を伝えるとき、例えば「友達の“友”と“香り”で友香(ゆか)」などと言いますが、これからご紹介する方法はまさにその英語版です。

覚えておくと便利なビジネス英会話の基礎として、今回は英語のスペリングを確認する際の一般的な聞き方・伝え方についてご紹介します。

スペル確認の定番の “聞き方”

スペル確認が一番よく使われるのは、電話応対の場面ではないでしょうか。

名前や住所、メールアドレスの綴り方がわかりにくい、聞きわけにくいアルファベットの場合、単語の例を挙げてもらい、相手に正しい綴りを確認する必要があります。

その際は、How do you spell your name?(名前のスペルを確認させてください。)と尋ねましょう。

スペル確認の定番の “伝え方”

このように綴り方を聞かれた際に回答として使える表現が、次の2つです。

A for America
A as in America

Aの単語例をAmericaとしましたが、互いに伝わることが一番大切なので、A for Appleでも、A for AmyでもOKです。

ただ、誰でもわかる具体的な人名や、国名、都市名の単語を例示して相手にスペルを伝えましょう。以下で単語例を紹介しますので、ご自身の名前で練習してみてくださいね。

一般的な単語例

Alphabet 単語例
A America / Adams
B Brazil / Bob
C China / Charlie
D Denmark / David
E England / Edward
F France / Frank
G Germany / George
H Hong Kong / Henry
I India / Isabel
J Japan / Jack
K Korea / King
L London / Larry
M Mexico / Mary
Alphabet 単語例
N New York / Natalie
O Oslo / Oscar
P Paris / Peter
Q Quebec / Queen
R Rome / Robert
S Spain / Sam
T Tokyo / Tom
U Union / Uncle
V Victoria / Victor
W Washington / William
X X-ray
Y Yellow
Z Zebra

B for Boston, C for Chicagoのように、ご紹介した表現以外にもたくさん表現はありますが、まずは基本的な例としてぜひ参考にしてくださいね。

仕事だけでなく、海外旅行などのシーンでも、口頭でスペルを伝えたいときに役立ちますよ!

 

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。