用語

2015/10/19

インコタームズ/船舶運送向きの条件〜FAS、FOB、CFR、CIF〜

貿易実務に携わる方にとって欠かせないのが、「インコタームズ(Incoterms/貿易条件)」に関する知識。そこで今回は、インコタームズ2010の「海上及び内陸水路輸送に適用する規則(以下:海上輸送に適用する規則)」として挙げられている4つの規則「FAS、FOB、CFR、CIF」について、詳しくご紹介します。

船舶輸送に適したFAS、FOB、CFR、CIF規則

今回ご紹介する4つの規則は、「海上輸送に適用する規則」とありますが、現在主流となっているコンテナ船の海上輸送ではなく、コンテナでは対応できない多種多様な形状のものを輸送する「在来船」(岸壁から直接船舶へ積卸す従来型の船)を対象としています。

ちなみに在来船には、冒頭写真のように、コンテナ船には見られない船上にクレーンが付いている船もあります。貿易事務に就いている方でも、コンテナ輸送しか取り扱っていない方には馴染みがないかもしれませんが、貿易取引ではコンテナ輸送には入りきらない貨物も当然あり、「在来船」もまだまだ活躍しています。

では、この4つの規則が規定する「危険負担」と「費用負担」の分岐点を、下図で見ていきましょう。

FAS、FOB、CFR、CIFの危険負担、費用負担

まず、着目していただきたいのが、危険負担の分岐点。先ほど、この4つの規則はコンテナ船を対象としていないとご説明しましたが、その理由はこの危険負担の分岐点にあります。

FASは指定された船積港において、貨物が埠頭上または艀(はしけ)に積み込まれて本船の船側に置かれた時点で、FOB、CFR、CIFは本船上に置いた時点で、危険負担が移転する規則。しかし、コンテナ船の輸送の場合、実際にコンテナをターミナルに置き、船に積むのは港湾業者や船会社が担っており、輸出者は本船の船側や船上への荷卸しに関与することはできません。

つまり、この4つの規則は、輸出者がコントロールしようのない地点まで危険負担の範囲となってしまうために、同じ海上輸送でも、コンテナ輸送は適していないとされているのです。

*なお、この問題は根深いものがあり、コンテナ輸送であっても、伝統的規則であるFOB、CFR、CIFを使用するケースが多々あります。ただ、インコタームズを制定している国際商業会議所(ICC)も、日本貿易振興機構(ジェトロ)も、コンテナ輸送は、FCA、CPT、CIPの方が適していると繰り返し明言していることなので、この記事でもご紹介させていただきました。FCA、CPT、CIPについては以下の記事をご覧ください。

※関連記事:『インコタームズ/コンテナ運送向きの条件〜FCA、CPT、CIP〜

では続いて、この4つの具体的な内容と、その使用例をご紹介します。

FAS(船側渡)/Free Alongside Ship (…named port of shipment)

FASは、商品を指定船積港の本船の船側に置いた時点で、売主(輸出者)の引き渡し義務が完了し、買主(輸入者)が、その時点から一切の費用及び減失・損傷の危険を負担するという規則です。

FOB(本船渡)/Free On Board (…named port of shipment)

FOBは、商品を指定船積港で本船の船上に置いた時点で、売主(輸出者)の引き渡し義務が完了し、買主(輸入者)が、その時点から一切の費用及び減失・損傷の危険を負担するという規則です。

CFR(運賃込)/Cost and Freight (…named port of destination)

CFRは、売主(輸出者)の引き渡し場所、危険負担の範囲はFOBと同じですが、売主(輸出者)が商品の指定仕向港までの運送費用を負担するという規則です。
*実務においては伝統的な表現であるC&Fと表現されることもあります。ただ、CFRが正しい名称ですので、契約書などにはこちらを記載しましょう。

CIF(運賃保険料込)/Cost, Insurance and Freight (…named port of destination)

CIFは、売主(輸出者)の引き渡し場所、危険負担の範囲はFOBやCFRと同じですが、売主(輸出者)が商品を指定仕向港までの運送費用と保険料を負担するという規則です。

*CIFで売主(輸出者)に義務づけられている保険条件は、最低限の填補範囲であるICC約款(C)と規定されています。買主(輸入者)がそれより広い填補範囲の保険条件を求めてくる場合は、契約段階で合意しておく必要があります。

「FAS、FOB、CFR、CIF」、それぞれの違いについて理解できたでしょうか。インコタームズは、貿易事務未経験者の方には、やや馴染みにくい規則ですが、すべての貿易取引で使用されるため、しっかりと理解しましょう!

*なお、最新版の国際規則としては、インコタームズ2020(英語版)がリリースされており、2020年1月1日から発効される予定です。最新情報は、下記、国際商業会議所のHPをご覧ください。

国際商業会議所 日本委員会: ICC JAPAN

 

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧
「シゴ・ラボ」では、現場で使用頻度の高い貿易用語や知っておきたい豆知識など、貿易事務の方に役立つ記事を多数ご紹介しています。他の記事もこちらから、チェックしてみてくださいね。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】
貿易事務を目指す方に向けて、現場でよく使われている「まずこれだけは覚えておきたい」貿易用語をeBookにまとめました。こちらからダウンロードできますので、ぜひ利用してみてください!

 

参考サイト:

パソナは貿易事務のお仕事情報多数!

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。