悩み・質問

2015/08/06

海上輸送と航空輸送、どちらの輸入が多い?

海上輸送と航空輸送、どちらの輸入が多い?

島国である日本の貿易は、海上輸送・航空輸送のどちらかで行われています。ではいったいどちらの輸送量が多いのかご存知ですか? 今回は、日本の貿易の輸出入量についてご紹介します。

海上輸送量が多い日本の貿易

前述の質問ですが、海上輸送と航空輸送を比べて、どちらの輸送量が多いのでしょうか? 答えは、輸出でも輸入でも「どちらも海上輸送のほうが多い」が正解です。

その量については、重量で量る方法と金額で量る方法があります。社団法人日本船主協会によれば、2013年度は重量ベースでは全体の99.7%、金額ベースでも76.7%が海上輸送で行われたそうです。

重量と金額で量ると割合に差が出る理由

ではここで、なぜ重量ベースと金額ベースで割合にここまで違いがあるのか、考えてみましょう。

これは一般的に、海上輸送の方が航空輸送より輸送費が安く、重量が重くて単価の安いものは、海上輸送を採択されることが一番の理由。

みなさんもご存知のとおり日本は資源の少ない国で、石油や液化天然ガス(LNG)、石炭、鉄鉱石などの資源をほぼ輸入していますし、小麦や大豆など輸入に頼っている食料品も多数。

また、日本が得意とする車や電化製品などの輸出も航空輸送は不向きで、海上輸送がメインとなり、重量ベースだと99.7%が海上輸送になるというわけです。

また、金額ベースになると、海上輸送の割合が76.7%と下がるのは、貴金属など単価が高く軽量のものは、航空輸送が多く利用されるということを表しています。

※関連記事:『なぜコンテナ船は海上輸送の主流となったのか?』『タンカー、バルカーって何?コンテナ船以外の貨物船の種類

増え続ける日本の輸出入

みなさんも、身近な食料品や日用雑貨、衣料品、電化製品などから、外国製のものが多いことを実感しているかと思いますが、今やあらゆる産業が貿易を行う時代となりました。

財務省の貿易統計によると、2019年の輸出総額は75兆8,800億円、輸入総額は77兆1,713億円*。波はありますが、輸出量も輸入量も10年前に比べて増加傾向といえます。
*参考:財務省貿易統計

ちなみに1兆円の目安は、東京スカイツリーの総工費は650億円と言われていますので、1兆円では約15本建てられるという計算になります。

つまり、日本は外国へ約1,167本のスカイツリーを輸出し、約1,187本建てられるお金を使って輸入しているという計算になります。今、日本が貿易にどれだけお金を使っているか、少しでもおわかりいただけたでしょうか?

 

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧

シゴ・ラボでは、この他にも貿易取引に関する知識や実務で使える仕事術など、貿易事務に携わる方にとって役立つ記事を、多数ご紹介しています。知っておきたい情報わかりやすくご紹介しますので、さっそくチェックしてみてくださいね。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】

貿易事務を目指す方に向けて、「まずこれだけは覚えておきたい」現場で頻繁に使われる貿易用語をebookにまとめました。ダウンロードして手元に置き、ぜひご活用ください!

 

参考サイト

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

貿易の情報を網羅する、新サービス
貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォームDigital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる!
「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位!
派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

実績40年以上の築かれた信頼
商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

サービス満足度95%!
一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング
みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。