用語

2016/05/30

「マスターエアウェイビル」と「ハウスエアウェイビル」の違いは?

こんにちは!貿易女子の円(まどか)です。今日は、航空輸送のときに必ず発行される「エアウェイビル」の話をしますね。私が貿易用語をご紹介しはじめて、1年が経ちました!貿易実務に関わる基本的な「貿易用語」からご紹介してきて、今はだいぶカバーできてきたかな…と思うのですが、貿易は、なかなか奥の深い世界なので、これからも少しずつご紹介していきますね (*^o^*)/

そもそもエアウェイビルって何?

エアウェイビル(Air Waybill/AWB)は、航空輸送の際に、航空会社(または航空貨物代理店)が発行する書類のこと。簡単に言えば、「誰が(どこから)」「誰に(どこに)」「何を」運んでいるのか記載された航空貨物専用の運送状です※。(航空輸送貨物は、目的地で、このエアウェイビルに記載されたConsignee[受荷主]に引き渡されます。)

※エアウェイビルには、航空会社と荷主とのあいだの貨物の「輸送契約書」としての機能も持っています。

航空輸送の手配には、① 航空会社またはその代理店に直接申し込む方法と、② フォワーダー(利用運送事業者/混載業者)に依頼する方法があるのですが、一般的に商社や貿易会社は②の方法で航空輸送を手配することが多いです。

というのも、②の方法は、フォワーダーが複数の会社(荷主/輸出者)からの貨物を大口貨物にまとめ、フォワーダー自身が代表荷主となって航空会社または代理店に輸送を依頼するのですが、フォワーダーは航空運賃の規定(安く仕入れる制度)に詳しく、①よりも運送料を抑えられる(可能性が高い)というメリットがあるためです※。

※他にも、フォワーダーに依頼すれば、輸出通関など輸送に関わるさまざまな手続きを引き受けてくれることもメリットになります。ちなみに、航空利用運送事業を得意としないフォワーダーは、提携先の航空利用運送事業者[混載業者]に荷主から引き受けた航空輸送を依頼することもあるようです。

この②の方法で航空輸送が手配されたときに登場するのが、「マスターエアウェイビル」と「ハウスエアウェイビル」です。

「マスターエアウェイビル」と「ハウスエアウェイビル」の違い

では、ここからは図と合わせて説明していきます。

先ほども話しましたが、フォワーダー(利用航空運送事業者/混載業者)を利用して航空輸送を行う場合、フォワーダーは、複数の会社(荷主/輸出者)の貨物をまとめて大口貨物に仕立て、代表荷主となります。

その代表荷主であるフォワーダーが航空会社から発行されるエアウェイビルが「マスターエアウェイビル(Master Air Waybill/MAWB)」です。

その後、フォワーダー自身も、それぞれの輸出者に対する運送人の立場から、それぞれの会社(小口荷主)に対してエアウェイビルを発行します。これを「ハウスエアウェイビル(House Air Waybill/HAWB)」といいます。

これら2つのエアウェイビルは全く同じものではないため、通常エアウェイビルは「マスター」なのか「ハウス」なのか、書面上に記載されています。(HAWBと略されて記載されているものもあります。)

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。