用語

2018/02/26

日本の食の安全を守る「食品衛生法」を知ろう!

こんにちは!貿易女子の円(まどか)です。今回は、以前、貿易雑学で紹介されていた「輸入時に届出や検査が必要な食に関連する法律をまとめてみました」でも触れられていた「食品衛生法」についてお話したいと思います。では、早速ですが、始めましょう!

「食品衛生法」ってどんなことを定めた法律なの?

食品衛生法は、食品の安全性の確保と、飲食によって衛生上の危害が発生することを防止するために、国・自治体・食品関連事業者の責任、食品および添加物の基準、検査、表示など、食品に関する様々なことを定めた法律です。

食品(にまつわる商品の)輸入に関しても重要な法令で、食品衛生法では以下の物品輸入を規制の対象とすることを定めています。

・食品・飲料
・食品添加物
・調理器具、食器、容器、包装など食にまつわる物品
・乳幼児が口に接触する可能性のあるおもちゃ
 (つみき、人形、粘土、風船、ままごと用具など)

みなさんの中にはこのリストを見て、食品や食品添加物だけでなく、調理器具や食器、乳幼児のおもちゃも含まれていることに驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、食品衛生法は“人が口にするもの”はすべて輸入規制の対象とし、その輸入手続きなどを定めています。

食品衛生法に関わる商品を輸入するときの流れを知ろう!

では、早速ですが、食品衛生法に関わる商品を輸入するときの流れをご紹介します。

ここでみなさんに押さえていただきたいのは、輸入者は輸入する商品について、国内製造者や販売者と同じ責任を負うということです。

図にも示している通り、初回輸入時には検閲所での検査が行われることが多いのですが、原則的には、輸入者が責任をもって、輸入する商品の検査・管理を行う必要があり、そのためにも信頼できる輸出者(生産者・製造者)と提携することが大切になります。

※関連記事:「PL保険は商品の欠陥による損害を補償する

日本では、誰でも食品にまつわる商品を輸入することができるのですが、“人が口にする物品”の輸入には大きな責任があることは、ぜひ覚えていてくださいね。(酒類の輸入には「酒類販売業免許が必要」など、一部例外もあります。)

輸入者は先行サンプルで事前に自主検査を行うこともできる

輸入者には商品衛生法に関わる商品であっても、輸入通関時にリードタイムをなるべく短くしたいという意向があります。

こうしたときに利用されているのが、本輸入前に先行サンプルを登録検査機関に依頼して、事前に自主検査を実施するという方法です※1。ここでの検査結果=サンプルの試験成績書を本輸入の通関手続きの際に提出することで、審査のみ(検査不要)におさえ、上図の2のステップをショートカットして進められる可能性が高くなるのです。

※1食品衛生法に関わる商品の先行サンプル=販売目的ではないサンプルについては、食品等輸入届出書の提出は求められないため、事前の自主検査が可能です。ただし、販売目的でなくても、消費者に配布する場合は届出書の提出が必要です。

可能性が高くなる…、と言葉をにごしているのは、“必ずしも先行サンプルの試験成績書の結果が認められるわけではないから”で※2、あくまで最終的判断は検疫所に委ねられることになりますが、貿易実務の現場では、輸入者は自分たちの判断で事前検査を行うこともあります。

※2「本輸入の商品と先行サンプルが、同一条件のもと生産(製造)されているか」ということが確かな商品ばかりではないため、最終的な判断は検疫所に委ねられます。

なお、近年は、税関においても輸入通関手続きの簡素化・迅速化に取り組んでおり、同一食品の継続的な輸入に対する検査省略、日本政府が認めている外国の公的検査機関の検査結果の反映などが制度化されています。

パソナは貿易事務のお仕事情報多数!

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。