悩み・質問

2018/01/11

ここ10年で急増した「合同会社(LLC)」という会社の形態をご存じですか?

みなさん、ご機嫌よう。こんてなんじゃ。年末年始はゆっくりできたかのう?2018年もどうぞよろしくお願いしますな。さて、新年第一弾は、2006年5月の新・会社法施行以降、増え続けている「合同会社(LLC)」についてご紹介しようかのう。では、早速じゃが始めますぞ。

そもそも合同会社って何?どうして増えているの?

みなさんはこれまでのキャリアのなかで「合同会社(LLC:Limited Liability Company)」に出会ったことはありますかな?飛行機のLCC(Low Cost Carrier)とは違いますぞ!

一般的に、会社といえば“株式会社”を思い浮かべる方が多いと思うのじゃが、合同会社という形態がここ10年で日本でも広まりつつあり、また、日本にとっての貿易主要国であるアメリカの企業に多く見られることもあるんじゃ。なので、貿易に携わっている、また、これから携わりたい!と思っているみなさんにはぜひ知っていただきたいと、ここでご紹介することにしたんじゃよ。

ちなみに合同会社は、2006年5月の現・会社法施行以降に設立できるようになった比較的新しい形態なんじゃが、2007年に9,547社が登記、2010年には15,736社、2016年には55,526社※と倍々ゲームのように増えておりますぞ!

※「政府統計の総合窓口」e-Statデータ/[商業・法人登記(年次表)] 種類別 合同会社の登記の件数(平成19年~28年)より

その理由はいくつかあるのじゃが、そもそも合同会社と株式会社の違いを下の表で見ていただき、合同会社の形態について全体像をつかんでいただけたらと思いますぞ。

▼ 株式会社と合同会社の違い

株式会社 合同会社
会社の代表者 代表取締役 各社員
代表社員を定めることも可能
意思決定最高機関 株主総会 社員総会
業務執行者 取締役 業務執行社員
業務執行社員を選任しない場合は社員全員
業務執行者と出資者の関係 委任契約(所有と経営が分離している)
株主以外からでも選任可
社員本人(所有と経営が分離していない)
社員以外からは選任不可
業務執行者の任期 通常2年、最大10年 任期なし
決算公告 毎事業年度ごとに必要 不要
出資者の利益配分 株式の割合に応じて配分 出資割合に関係なく社員の合意で自由に配分
株式(持分)の譲渡 自由(譲渡制限をかけることも可能) 社員全員の同意が必要

 
みなさん、いかがですかな?合同会社の仕組みを知らなかった方には、株式会社との比較で多くの相違点があることに気づかれたんじゃないかのう?

いろんな違いがあるのじゃが、とりわけ、合同会社には株式会社と違って“代表取締役が存在しない”、“株という概念がない”ということが大きな特徴じゃな。

その特徴は会社の運営にも大きく影響し、合同会社は“株主がいない=出資者自らが業務を行う”形態なので、迅速に意思決定がしやすいというメリットにつながっておる。そのため、合同会社はベンチャー企業に向いているといわれているし、知名度の高い大手企業、特に外資系大手企業の中にも、株式会社から合同会社に移行したところも結構あるんじゃよ(ご興味のある方はぜひ調べてみてくださいな)。

加えて、合同会社の設立手続きは株式会社よりも簡易であること、また、節税対策にもなることから、個人事業主が会社化するときに選択されることが多く、そのことも合同会社が増え続けている理由に挙げられていますぞ(昨今の政策において、個人事業主にかかる税率よりも会社(法人)の方が低く抑えられていることも影響しているといわれておるのう)。

日本の商社や貿易会社の多くは株式会社であることがほとんどだと思うのじゃが、それでも比較的新しい小売店やメーカーと取引している方は、合同会社と書かれた名刺を見かけることも増えているんじゃないかのう。また、先ほど申し上げたようにアメリカ企業で合同会社は多く、契約書や貿易書類に「○○○○ LLC.」と記載されていたら、その会社は合同会社なんだと思われたらよろしいですぞ。

そもそも会社って何だろう?

さて、ここまで合同会社のことをお話してきたのじゃが、話をもっと原点に戻して、「そもそも会社って何だろう?」ということを少しお話しましょうかのう。

まず会社というのは「法人」のひとつの形態なのじゃが、法人格という言葉があるように、個人(法律では自然人という)とは別にもうひとつの別人格ができるということなんじゃ。

法人は、個人にかかる所得税の代わりに法人税というものがあり、個人と同じように、法人住民税、法人事業税、消費税を支払う義務を負っておる。それは、大勢の人が働いている会社はもちろん、個人が出資して作った一人会社だったとしても、法律上、個人とは別にとらえられ、個人と会社の財布はきっちり別々になるんじゃよ(その意味で、別人格といわれるんじゃ)。

みなさんが働いている会社の中には、最初は社長が一人で起業した会社もあると思うんじゃが、個人でスタートした事業を会社化する(株式会社や合同会社にする)というのは、個人と会社を切り分ける、さらにいえば、会社の資産と個人の資産を分けることをひとつの目的にしていることでもあるんじゃ。

言い換えると、会社の利益がそのまま個人の儲けとはならない代わりに、会社の借金が個人の借金にならない、ということでもあり、そのことを専門的には“有限責任”といいますぞ。最初にちらとご紹介した合同会社の英名、LLCというのは、Limited Liability Companyじゃから、まさに有限責任を謳っていますな。

※個人事業主は事業に対して無限責任があります。また、合同会社、株式会社以外の形態である、合名会社、合資会社は、会社という法人でありながら、出資者の責任が重く、個人事業主の集まりのような形態といわれます。そのために、個人と会社を別にするために会社を設立する場合には利点が少なく、一般的に選択されることがあまりありません。

パソナを選んだTOP3

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。