悩み・質問

2017/03/27

「三国間貿易」って何?仕組みを説明できますか?

こんにちは!貿易女子の円(まどか)です。今回は貿易自由化という時代背景のもと、さまざまな企業が行うようになってきた「三国間(さんごくかん)貿易」を取り上げたいと思います。「三国間貿易」の概要や実務での注意点など細かな説明は、とても一度では説明しきれないため、複数回に分けてご紹介していきますね。今日は、そもそも「三国間貿易」とは何か?についてご説明したいと思います。では、早速はじめましょう!

モノの流れとカネの流れが違う動きをする「三国間貿易」

「三国間貿易」は、文字通り3つの国のあいだで貿易を行うことです。

たとえば、日本のA社がドイツのB社の商品をアジア圏の販売代理店として取り扱っていて、日本のA社がベトナムのC社と商品売買契約を結んだとします。その際、商品(貨物)自体はドイツB社からベトナムC社に直接送られ、商品代金は輸入者で買主であるベトナムC社から売主である日本A社に支払い、また、日本A社もドイツB社に支払うという、モノの流れとカネの流れが異なる動きをする貿易取引を「三国間貿易」といいます。

上図を見ていただくとより理解いただけるかと思いますが、この貿易取引において、日本A社は輸出者でも輸入者でもありません。ですが、仲介者として商品の売買契約には関わっていて、ベトナムC社にとっては商品の売主、ドイツB社にとっては商品の買主という立ち位置になります。

※「三国間貿易」は仲介貿易の一種です。

二者間の貿易取引では、貨物の輸出者(Shipper)と売主(Seller)、貨物の輸入者(Consignee)と買主(Buyer)が基本的に一致するのですが、「三国間貿易」の場合は異なるわけです。

なぜ「三国間貿易」が行われるの?

三国間貿易は、二者間の取引に比べて状況を把握しなければならないこと(相手)が増えますので少々手間がかかるのですが、企業にとってメリットがあるからこそ行われています。

たとえば、ベトナムC社は、ドイツB社との直接取引が初めての場合、信用問題をクリアしなければならない、価格などの条件も折衝しなければいけないなどの手間がかかります。しかし、日本A社から買うことによってその手間は省けます。

日本A社は、輸出者と輸入者という立ち位置ではないけれど、ドイツB社からの仕入れ値にマージンを上乗せした価格で販売することで利益が得られます。また、日本の場合、この取引で貨物を国内に搬入しているわけではないため、ベトナムC社からの支払い代金に消費税がかからないというメリットもあります。

※国税庁ホームページ/課税取引・非課税取引/No.6210

ドイツB社は、自分たちの営業活動外で日本A社が販売してもらえれば、自社で販促費用をかけずとも商品販売の利益が得られます。

三国間貿易をひとくちに語るのは難しいですが、三者三様のメリットがあるので、三国間貿易は行われているのです。

パソナを選んだTOP3

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。