スキル

2016/05/17

【英語】「順調に進んでいます」「予定より遅れています」進行状況 ・ 結果を報告するときの表現って?

【英語】「順調に進んでいます」「予定より遅れています」進行状況 ・ 結果を報告するときの表現って?

今回のビジネスイングリッシュのテーマは「定型表現」。ビジネスでよく使われる表現にはパターンがあります。

簡単なフレーズの組み合わせで表現できるものも多いので、覚えておくと便利ですよ。

決まったフレーズを覚えよう!

“プロジェクトは順調に進行中” “予定より遅れている” を英語ではどう表現すればいいの…?と悩んでしまうこともありますよね。これらはあまりむずかしく考えずに、決まったフレーズを覚えてしまうことをオススメします!とても簡単な単語の組み合わせで表現できますよ。

“behind schedule / ahead of schedule”
予定より遅い / 予定より早い
“on schedule”
予定通り
“deadline / due date”
予定の終了日 / 締め切り

まずはフレーズを覚えて、文頭に “I am / We are / It is/” 等を置いて組み合わせるだけで、シンプルに進行状況の報告は可能です。例えばこちら。

“It is all on schedule.”
全て予定通りです。
“We are actually a little behind the schedule.”
実は、予定より少し遅いです。

次にもう一歩進んで、“順調に進行中” と英語で言えるようになりましょう。そのために覚えるべきなのが、次の3つの表現です。

“going smoothly” “coming along” “on track”

どれも「順調に進む」という意味の熟語。先ほどのフレーズと合わせて使うと、このような会話が可能です。

“How is the plan for our spring event coming along ?”
— “It is on track. We are ahead of schedule.”
春のイベントの計画は順調に進んでいますか?
— 順調です。予定より先行しているくらいです。

“How is the project coming along ?”
— “It’s going smoothly. Everything is on schedule.”
プロジェクトの進捗状況は?
— 順調に進んでいます。全て予定通りです。

“What’s the due date for our presentation?”
— “It is due on the end of this month.”
プレゼンの締め切りはいつですか?
— 期限は今月末です。

いかがでしたか?簡単な単語の組み合わせばかりなので、使っていくうちに自然と慣れてると思います。ビジネスでの回答が、いつも「予定通り」や「予定より早い」であればいいですが、そうとも限らないのが現実だと思うので、今日ご紹介したフレーズをぜひ覚えて使ってみてくださいね。

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。