用語

2015/07/16

「TYO」は東京。「AMS」「LHR」はどこでしょう?

著者: パソナ キャリアコンサルタント(貿易担当)

「TYO」は東京。「AMS」「LHR」はどこでしょう?

今回は、航空輸送にまつわる雑学で、都市や空港を表すアルファベット3文字の符号「3レターコード」について紹介します。タイトルに記載した「AMS」や「LHR」がどの国を表しているのかも後程ご紹介しますね。

「3レターコード」は都市コードと空港コード

みなさんは、「NRT」「KIX」「NGO」が、どこの空港を指しているかわかりますか?

これらは、前から成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港(セントレア)を指しています。「3レターコード」は、国際航空運送協会(IATA) が空港ひとつひとつに割り振っているコードで、新しく旅客取扱いの空港が開港されるとIATAにも登録申請され、今やその数は1万以上もあります。

「3レターコード」には「都市コード」と「空港コード」がありますが、まずは実際に、世界主要都市の国際空港の都市コードと空港コードをご覧いただきましょう(冒頭の質問、「AMS」「LHR」の答えもありますよ)。

「3レターコード」は都市コードと空港コード

国際線の飛行機にチェックインするときに預ける荷物には、必ず空港コードが印字されたタグがついているので(トランクの持ち手などに巻きつけられるシール状の長いタグ)、海外へよく行かれる方ほど「3レターコード」には見覚えがあるでしょう。

かつて「空港コード」と「都市コード」は同じだった

もともと「3レターコード」は、古くに開港した空港には、その地名の名称にのっとった「東京(TYO)」「ロンドン(LON)」「ニューヨーク(NYC)」など、現在の「都市コード」が割り当てられていましたが(*1)、同じ都市に第二空港が開港すると「都市コード」と「空港コード」をわけるようになり、現在では都市名を冠した「空港コード」は少なくなっています(*2)。

*1 世界的大空港でも、フランクフルトやバンコク、アムステルダムなどは現在も「都市コード」と同じ「空港コード」を使用しています
*2 現在の成田国際空港(旧名:新東京国際空港)ができるまでは、羽田空港の空港コードは東京を表す「TYO」でしたが、開港とともに「HND」に変更されました。

「3レターコード」は基本的に、旅客系の企業や旅行会社・航空貨物代理店の人が業務で使用するものですから、貿易事務をしている方、目指している方が覚える必要はありません。ただ、航空輸送での取引では、エアウェイビル(航空運送状)という書類に記載されているので、手にした際はチェックしてみてくださいね。

 

「貿易・海外営業事務」関連記事一覧

シゴ・ラボでは、他にも貿易取引に関する知識や実務で使える仕事術など、貿易事務の方にとって役立つ記事を多数ご紹介しています。その他の記事も、どんどんチェックしてみてくださいね。

貿易業界で働くための貿易用語チェックリスト【入門編】

貿易事務を目指す方に向けて、「まずこれだけは覚えておきたい」現場で頻繁に使われる貿易用語をebookにまとめました。さっそくダウンロードして、お仕事にお役立てくださいね。

 

参考サイト

 

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。