スキル

2016/12/13

【ビジネス英語】仕事で使える “教えてください” の英語フレーズ集

【ビジネス英語】仕事で使える “教えてください” の英語フレーズ集

今回は、ビジネスシーンで使える「教えてください」という英語のフレーズについてご紹介します。相手との関係性によってニュアンスが変わりますので、ぜひ参考にしてください。

ビジネスシーンでは、“teach”はNG

“教える” というと、“teach”という英単語がぱっと頭に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。ですが、実は、“teach”はビジネスシーンでは相応しくない表現ということを覚えておきましょう。 “teach” は、勉強のように教えられる側が“習う / 教わる” 立場のときには使えますが、ビジネスシーンのように教えられる側が“知らせる / 情報を与える” 立場においては不適切な単語なのです。

では、ビジネスシーンでは、どのようなフレーズが相応しいのでしょうか?

ビジネスでは “inform 人 of 案件” が安心

ビジネスで “教えてください” と伝える場合は、“inform 人 of 案件”を使用しましょう。具体的な使用例は以下を参考にしてください。

Could you inform us of the current status?
現況を教えてください。
Please inform me of your phone number.
あなたの電話番号を教えてください。

ただし、この表現は丁寧ですが、若干かしこまりすぎる印象もあります。お互いの関係性がまだできていない時期は “inform 人 of 案件” が良いですが、パートナーシップが深まってきたら、徐々に下記の言い方にシフトさせてみましょう。

Please let me know if there are any requests.”
ご要望があれば教えてください。
Would you let us know if you have any questions ?
もし質問があるようなら教えていただけますか?

最後に、ビジネスシーンでも使うことは可能ですが、上記に比べるとカジュアルで、相手に与える印象や要求度が強いフレーズをご紹介します。相手との距離がしっかり縮まってから使うことをオススメします。

Please tell me if you have any questions.
質問があるならすぐに教えてください。
Could you tell us if there are any requests.
ご要望がある場合は早急に教えてください。

相手との関係性や状況をふまえて、適切な表現を心がけてくださいね。

 

参考サイト:

目指せ!憧れの語学スペシャリスト|株式会社パソナ

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。