キャリアアップ

2019/09/13

みんなが思う一般事務・営業事務のやりがいって?身につくスキルやキャリアアップ例についてもご紹介!

現在、事務のお仕事をされている方のなかには「事務職に就いて数年になるけれど、なかなかやりがいを見いだせない…」「このまま事務職を続けて良いのかな?」といったお悩みを抱えている方もいらっしゃるようです。

しかし、事務職ならではのやりがいや業務のなかで身につくスキルもたくさんあります。事務職のやりがいやスキルについて、改めて考えてみることで、今後のキャリアプランの参考にもなるはず。

そこで今回は、事務経験のある方や現在事務職に就いている方に向けて、事務のお仕事を通して習得できるスキルやキャリアアップの例、お仕事のやりがいについてもご紹介します。

目次
一般的な「事務のお仕事」って、どのようなもの?
事務職のホンネ!お仕事のやりがいと悩みって?
事務職で身につくスキルから、自分が伸ばしたい「強み」を見つけよう
一般事務・営業事務からのキャリアアップって、どんな例があるの?
やりがいや身についたスキルについて振り返り、今後のキャリアを考えてみませんか?

一般的な「事務のお仕事」って、どのようなもの?

事務系職種にはたくさんの種類がありますが、いわゆる「事務職」とは「一般事務」や「営業事務」を指すことが一般的です。この2職種は、企業から常に一定の需要があり、業務の幅も広いため、未経験の方でも比較的チャレンジしやすい職種と言われていますが、仕事内容には次のような違いがあります。

一般事務の仕事内容

PC(ExcelやWordなど)を使ったデータ入力やビジネス文書の作成、PowerPointでプレゼン資料の作成、書類ファイリング、電話応対、在庫管理、庶務や経理の補助業務などが主な業務内容となります。

所属する部署はさまざまで、会社や部署によって、特定の事務業務を担うこともあれば、幅広い事務業務をサポートすることもあります。

営業事務の仕事内容

受発注、見積書や請求書の作成、在庫や売掛金管理、商品の在庫管理など、営業活動に関わる事務業務を担当します。会社の営業部門に所属し、営業担当や顧客のサポートを行うのが一般的です。

このように、一般事務はさまざまな部署に属することがあるのに対して、営業事務は営業部門や顧客のサポートを専門に行う部署の事務業務を担うといった違いがあります。なお、求人情報では、一般事務は「OA事務」「アシスタント」、営業事務は「営業アシスタント」「部署アシスタント」「営業サポート」などの名称でも募集されていることがあります。

事務職のホンネ!お仕事のやりがいと悩みって?

では、一般事務や営業事務に代表される事務のお仕事には、どんなやりがいがあるのでしょうか。事務職の方にとって、お仕事のやりがいを感じることや、事務職ならではのお悩みについてもご紹介しましょう。

やりがいを感じるとき

・事務として調整やサポートを行ったことにより、業務がスムーズに進み、達成感を得られたとき
・社内外の関係者とうまく連携しながら、お仕事を進めていくのが楽しい
・経験を積むことで、事務スキルの向上を実感できる
・お仕事で関わる人(営業などの社内の人や取引先)から感謝されたとき
・事務業務をコツコツと積み重ね、一連のお仕事をミスなく完遂できたとき

悩み

・ずっと同じ業務を担当するので、モチベーションを保ちづらい
・PC業務が多く、人とコミュニケーションを取る機会が少ない
・給与面で満足できていない、事務職を続けた場合の給与アップが難しい
・デスクワークで慢性的な眼精疲労、肩こり、腰痛などに悩まされている

事務職は、社内の部署や取引先、顧客のサポートをするお仕事。お仕事相手からの感謝の言葉や、チームの連携を感じられたときにやりがいを感じる方が多いようです。一方で、業務に大きな変化がないため、モチベーションを保ちづらい、待遇面に不満があるといったお悩みもあるようです。

では、事務職としてのモチベーションを保ちながら経験を積み、スキルアップや給与アップを目指すためには、どのように動いていけば良いのでしょうか。

事務職で身につくスキルから、自分が伸ばしたい「強み」を見つけよう

昨今、AI(人工知能)やRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション:定型業務の自動化)などの新技術が日々進歩するなかで、事務業務の効率化・自動化も今後ますます進んでいくでしょう。新しい時代に対応しながら、事務職として活躍の幅を広げていくためには、より専門性を高め、スキルアップすることが大切。

そこでオススメしたいのは、「事務職で身につけたスキル」を明確にして、「プラスαの強み」に変えていく方法。以下の例を参考にして、ご自身が伸ばしていきたいスキルを考えてみましょう。伸ばしていきたいスキルを明確にできれば、日々のお仕事へのモチベーションも上がり、着実なスキルアップが実現できるはずですよ。

事務職で身につくスキルとは…

・PCスキル(Word・Excel・PowerPoint・Accessなど)
・事務処理能力
・コミュニケーション能力
・臨機応変な対応力、判断力
・スケジュール管理能力
・調整力 など

ざっと挙げただけでも、事務職ではこのような多様なスキルを獲得することができます。日々の業務を通して、自分がどんなときにやりがいを感じるのか、自分は何が得意だと感じるのかを考えながら、強化していくべきスキルを探していきましょう。

一般事務・営業事務からのキャリアアップって、どんな例があるの?

次にご紹介するのは、事務職の実務経験を活かして、専門性の高い事務系職種へ転身するというキャリアプランについて。いずれも、専門分野の事務業務がメインとなるため、好待遇のお仕事に巡り合えるチャンスも増えます。

事務系専門職種にチャレンジする際は、未経験OKのアシスタント職でキャリアを積みながら、その分野の資格取得やスキルアップを目指すという道も。ここでは、一般事務や営業事務からのキャリアアップにオススメの人気職種をいくつかご紹介します。

経理事務

・仕事内容:入出金管理や帳簿作成などの日常的な経理業務から、年次決算に至るまでの経理業務を担当する
・活かせるスキル:PCスキル、事務処理能力、数字が得意、地道な入力作業や計算が得意
・転職に有利な資格:日商簿記3級以上

金融事務

・仕事内容:証券会社・銀行・保険会社で金融商品の販売や関連するサポート業務、顧客へのアフターフォローなどを行う
・活かせるスキル:事務処理能力、コミュニケーション能力、臨機応変な対応力、数字が得意
・転職に有利な資格:証券外務員資格

英文事務

・仕事内容:英文でのビジネス文書作成や簡単な翻訳、英語での電話対応などを行う
・活かせるスキル:PCスキル、事務処理能力、コミュニケーション能力、英語力
・転職に有利な資格:TOEIC(R)Listening&Reading Test、IFRS検定(国際会計基準検定)、FASS(経理・財務スキル検定)、BATIC(国際会計検定)

貿易事務

・仕事内容:商品の輸出入取引に必要な受発注や通関手続きなどの事務全般を行う
・活かせるスキル:調整力、スケジュール管理能力、コミュニケーション能力、英語力
・転職に有利な資格:貿易実務検定C級、国際取引業務検定(IBAT)Basic Level

データオペレーション

・仕事内容:高度なPCスキルを活かし、データ集計や分析、VBA、データベースに関する業務を行う
・活かせるスキル:ExcelのピボットテーブルやVBAなどのデータ集計スキル・分析スキル、Accessの操作スキル
・転職に有利な資格:[集計・分析系]:日商PC検定 データ活用2級、MOS [VBA系orデータベース系]:VBAエキスパート

やりがいや身についたスキルについて振り返り、今後のキャリアを考えてみませんか?

これまで、「事務職にやりがいを見い出せていなかった」という方も、伸ばせるスキルがあることや、経験を活かせる専門職種へのキャリアプランなど、新たな方向性に気づけたのではないでしょうか。

自分の強みを活かしたスキルを身につけていくことで、さらにやりがいのあるお仕事へのステップアップもできるはず。ぜひこの機会に、これまで身につけたスキルや、将来の自分の理想の姿などについて考えてくださいね。

パソナでは、今後のキャリアアップにつながる派遣のお仕事のご案内や、一人ひとりに合ったお仕事探しのアドバイス、マンツーマンのキャリアコンサルティングを行っています。事務職の経験を活かして新たな分野にチャレンジしたいという方や、自分に合ったやりがいのあるお仕事を求めている方、将来的にキャリアアップを目指す方も、ぜひお気軽にご相談ください。

参考サイト:

パソナのお仕事開始するまでの流れ

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

“はじめて”の疑問はここで解決! 派遣やパソナのご利用が
はじめての方向けの情報を
まとめました。

やっぱり「パソナ」! 登録スタッフの方のクチコミや
サポート体制など
パソナを選んだ3つの理由

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。