スキル

2014/12/09

【エクセル】グラフ軸の数字の向き・単位を変えたい

【エクセル】グラフ軸の数字の向き・単位を変えたい

エクセルは、集計や資料を作るうえで欠かせない経理の基本スキル。エクセルで分かりやすいグラフを作り、そこから会社の状況を分析できるようになれば、経理・会計・財務としてワンランクアップできるはずです。

前回の「【エクセル】グラフの作り方・追加・削除方法をおさらい」の記事に引き続き、今回もエクセルのグラフ作りについて解説していきます。


前回はこのようなグラフを作るところまでお話しましたが、横軸の数字が90度回転してたり、縦軸の数字が見にくかったりと、軸まわりの指標が気になるのではないでしょうか。ここでは「軸まわりの数字の調整方法」をご紹介します。

軸まわりの数字を見やすく整えていく

グラフを作成した後、特に軸まわりの数字は一発OKといかないことがほとんどでしょう。気になる部分があれば、見やすくなるように調整していくことが重要です。

横軸の文字を横書きにする(1)

前回作ったグラフでは、横軸の文字が90度回転してしまっています。これを解決する一番簡単な方法は、グラフの横幅を伸ばすことです。

横軸の文字を横書きにする(1)

表示するための横幅が足りずに、90度回転してしまっているので、このように横軸を伸ばしてみると…

横軸の文字を横書きにする(1)
この通り、スペースができて自動で横書きになります。

横軸の文字を横書きにする(2)

横幅を変えずに、数字の向きを直すこともできます。

横軸の文字を横書きにする(2)
まず、横軸の項目をクリック。すると、横軸の項目全体が選択された状態になります。

横軸の文字を横書きにする(2)
右クリックして「軸の書式設定」を選択。

横軸の文字を横書きにする(2)
「配置」にある「文字列の方向」を、1回「縦書き」にしてから「横書き」に戻します。「縦書き」ではなく他のものを選択してもOKですが、一旦別のものを選択してから「横書き」を選び直すのがポイントです。

横軸の文字を横書きにする(2)
するとこの通り、数字が横書きに修正されます。

軸の数字の単位(桁数)を変更する

このグラフは縦軸の数字の桁数が多いため、単位がひと目で分かりにくくなってしまっています。こんなときは、数字の単位(桁数)を変えることで対処できます。

軸の数字の単位(桁数)を変更する
まず、縦軸の項目を選択して右クリック。そして「軸の書式設定」を選択します。

軸の数字の単位(桁数)を変更する
「軸のオプション」内にある「表示単位」から、好きな単位を選択。今回は「百万」を選んでみます。

軸の数字の単位(桁数)を変更する
すると、縦軸の数字が百万単位で表示されるようになります。数字の表記がスッキリして、より見やすいグラフになりました。

表示された「百万」の単位が90度回転していて気になるという方は、次のやり方を試してください。

単位の文字の向きを直す

単位の文字の向きを直す
単位の文字を右クリック。「表示単位の書式設定」を選択します。

単位の文字の向きを直す
「配置」内にある「文字列の方向」が「左へ90度回転」になっているので、これを「横書き」に設定します。


これで単位が、きちんと横書きになります。ちなみに、漢字ではなく「100万」と書き直すこともできます。この修正は、ボックス内のテキストを直接編集するだけで、簡単にできます。

今回は、グラフの軸まわりの単位・数字の調整方法について解説しましたが、いかがでしたか?
他にも、経理業務で役立つエクセル技についての記事を、掲載していますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる!
「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位!
派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」
理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介
みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。