キャリアアップ

2016/04/14

【未経験者編】営業事務から経理に転職したい!

【未経験者編】営業事務から経理に転職したい!

未経験者が経理・会計・財務を目指す場合、まずはその仕事について知ることが大切です。そこで今回は、「営業事務職」の方が未経験から経理・会計・財務に転職する場合のルートについてご紹介してきます。

営業事務には経理・会計の要素あり!

実は、営業事務の仕事には、経理・会計・財務の業務内容に近い仕事も含まれているため、転職へのステップアップとして有効な職種なのです。

営業事務の仕事内容って?

まずは「営業事務」がどんな仕事なのか、簡単におさらいしておきましょう。営業事務では以下のような業務を行います。

・商品やサービスの受発注
・在庫や納期の管理
・見積書や請求書の作成
・入出金管理
・売上伝票の作成
・顧客管理
・電話応対
・各種データ入力

この中でとくに「入出金管理」「売上伝票の作成」は、非常に会計的要素の強い業務と言えるでしょう。その他、「請求書の発行」や「データ入力」も会計とは切っても切り離せない業務と言えますね!

入出金管理とは?

商品やサービスを受注したあと、その対価であるお金が正しく入金されたか、あるいは取引先から商品やサービスを買ったときに正しくお金が支払われているかを確認し、管理する業務でございます。これらの入出金の項目をもとに、取引内容を記す「振替伝票」を作成します。また、経費精算などの現金管理も含まれます。

売上伝票とは?

「売上伝票」とは、商品やサービスの売上取引を記載する伝票のことです。売上伝票には、日付や売上内容、金額などを記入します。たとえば、10,000円の商品を掛けで売り上げた場合、以下のような形式で表記されます。

売上伝票とは?

営業事務は未経験求人が多い!?

未経験から経理・会計・財務職を目指す人にとって、「実務経験がない」という点がひとつの壁になるケースがあります。これらの職種は専門的な知識を必要とするため、経験者のみの募集ということも珍しくないのです。

…そんなときでも、未経験から会計職関連の実務経験を積む手段として、「営業事務からチャレンジする」というのは、非常に有力な選択肢になります。

事実、経理・会計・財務といった職種の未経験OK求人の割合は平均4割程度と言われていますが、営業事務の未経験OK求人の割合は平均7割程度。実務経験がなくても仕事に就くことができ、なおかつ経験を積んでいくこともできるので。

未経験から経理・会計・財務を目指す方は、まず営業事務からチャレンジしてみる方法もおすすめですよ。

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。