用語

2017/09/04

B/Lに記載されている「Freight Prepaid as Arranged(通称アズアレ)」のこと

こんにちは!貿易女子の円(まどか)です。今回の話は、貿易の重要書類であるB/LやAir Waybillでよく見かける文言「Freight Prepaid as Arranged(Freight as Arranged)」についてご紹介しますね。では、早速ですが始めましょう!

輸出者が輸入者に運賃を知られたくない場合に記載される「Freight Prepaid as Arranged」

貿易取引では、売買契約の際に輸出者(輸出地)から輸入者(輸入地)への運賃を“どちらが支払うか”という取り決めが、必ず行われます。

インコタームズ(貿易条件)のCPT、CIP、CFR、CIF、DAP、DAT、DDPは、輸出者が輸入地までの運賃を支払う条件ですが、そのいずれの条件も、運賃を輸入者に知らせる必要はありません。さらにいえば、輸出者は輸入者に運賃を知られたくないケースの方が多いです。

というのも、輸出者は、輸入者に運賃を知られてしまうと、商品の本体価格が逆算されるのでその後の価格交渉がしづらくなるからです。言い換えれば、輸出者の運賃込み価格には、運賃を差し引いても利益が残るように価格設定されていることも往々にしてあるのです。

たとえば、CPT条件の商品価格は「FCA価格(輸送費抜きの商品本体価格)+輸入地(引渡地)までの運賃」とされますが、実際には、輸出者のCIP価格は正確に「+運賃」だけ上乗せされているわけでなく、輸出手続きを行う担当者の人件費や諸経費を含んでいたり、利益が残るように上乗せされていたりするケースが多いのです。

そのため、輸出者は、船会社が発行するB/Lや航空会社が発行するやAir Waybill(エアウェイビル)の運賃記載欄に金額が記載されることを望みません。

こうした事情もあり、B/LやAir Waybillには、もともと運賃を記載する欄はあるのですが、輸出者は船会社や航空会社に運賃額を記載しないように依頼します。

そのときに使用される文言が「Freight Prepaid as Arranged、Freight as Arranged(運賃はすでに支払われています)」なのです。日本の貿易現場では、この文言を「アズアレ」と呼んでいます。

国内取引でもアズアレと同じことが行われている?!

ちなみに、発送人側が受取人側に運賃を知らせないのは、貿易取引だけでなく、国内取引でも行われています。

たとえば、みなさんも目にしたことがあると思いますが、切手が貼られる位置に記載されたりスタンプが押されている料金別納郵便や料金後納郵便はそのひとつ。郵便局では、同一のものをたくさん送付する場合には規定料金から割引が受けられます。

また、常日頃からたくさんの貨物を発送している会社(運送会社・宅配業者から見て大口顧客)は、個人的にそのサービス利用するよりも割安に荷物を発送しています。通常、個人が利用する際には送り状に運賃額が記載されますが、運送会社と契約している企業が発送する送り状には運賃額が記載されません。

つまり「Freight Prepaid as Arranged(通称アズアレ)」は、貿易取引に限ったことではなく、一般的な商慣習なのです。

パソナは貿易事務のお仕事情報多数!

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。