用語

2018/01/18

Co., Ltd. Inc. LLC. K.K. … 株式会社の英語表現を知ろう!

みなさん、ご機嫌よう。こんてなんじゃ。前回は合同会社を中心に会社の種類についてご紹介したんじゃが、今回は、日本でいうところの株式会社が英語でどのように表記されるのか、また、ドイツ語・フランス語・中国語での表記についてもご紹介しますぞ。では、始めましょうかのう!

[注] 世界各国で法律が異なるため、日本における株式会社と海外の株式会社のルールが同じということはありません。本記事では、断りのない部分も(株式会社に)相当するものしてご紹介しています。ご了承ください。

日本では株式会社を「Co., Ltd.」と記載する企業が多いけれど、他にも表現がある!?

すでに貿易実務に携わっている方は、自分の会社が英語でどのように表記されているのかご存じだと思うのじゃが、日本では株式会社(または有限会社)を「Co., Ltd.:Company Limited の略」と表現することが多いですな。

※Limitedは有限責任の意。有限責任については、前回の記事の後半部をご覧ください。

ただ、この「Co., Ltd.」という表現、日本をはじめアジア圏ではよく見られるんじゃが、実は、英語を母国語とするアメリカやイギリスで採用されていることは少ないんじゃよ。

では実際に、アメリカでどのように表現されているかというと「Inc.:Incorporated の略」や「Corporation」が多く、イギリスでは「Ltd.:Limited の略」「PLC:Public Limited Company の略」と表現されることが多いんじゃ。

ちなみに、日本の株式会社も「Co., Ltd.」とすることが義務づけられているわけではなく、アメリカ式、イギリス式で表記している会社もあるし、変わったところでは「K.K.:株式会社/Kabushiki-Kaisha※」と表現している会社もありますぞ。

※会社法の英訳では、株式会社は「Kabushiki-Gaisha」ではなく「Kabushiki-Kaisha」であることから「K.K.」となっています。

なお、前回ご紹介した、アメリカや日本にある合同会社という形態は、通常「LLC:Limited Liability Company の略」と表記されているんじゃ。最近は、両国とも合同会社が増えているようなので、こちらも覚えておいていただきたいところじゃのう。

ドイツ語・フランス語・中国語では、会社の種類はどのように表記されている!?

では、ここからは英語表記ではなく、ドイツ語・フランス語・中国語でどのように表記されるかまとめてご紹介しようかのう。なお、この3国に限らないんじゃが、貿易取引で交わされる書類には意外と母国語で社名を記載していることも多いんじゃ。

当たり前の話じゃが、英語だけが外国語ではないし、貿易実務をされている方は普段は共通語として英語を用いていても、会社名などに垣間見える取引先や相手国の言葉についてもぜひ関心を持っていただきたいと思いますぞ(挨拶でその国の言葉を使われると嬉しくなるのは、全世界共通だと思うからのう)。

以下、ご紹介する会社の種類の外国語表記はちょっと難しい部類にはなるんじゃが、調べるとどのような規模や仕組みの会社なのかもわかってくるし、勉強になりますぞ。

■ドイツ

株式会社… AG:Aktiengesellschaft
有限会社… GmbH:Gesellschaft mit beschraenkter Haftung

■フランス

株式会社… SA:societe anonyme
簡易株式制会社… SAS:
有限会社… SARL:

■中国本土

株式会社… 公司
有限会社… 公司

※上記、株式会社、有限会社などの日本語表記は、日本のルールとは異なるものであり、相当するものとご理解ください。

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。