キャリアアップ

2015/07/16

【キャリアアップ】高待遇と噂!?英文経理の派遣の実情

経理・会計職の派遣のお仕事については、これまでも何度かしてきましが、その経理・会計職派遣のなかでも、ここ数年とくに注目を集めているのが、「英文経理・英文会計の派遣」です。今回は「英文経理・英文会計の派遣のお仕事」について、詳しくご紹介していきます。

需要が高まっている英文経理スキル!

企業のグローバル化に伴い、国際会計基準である「IFRS(国際財務報告基準)」の適用が日本企業でも進むなかで、英語を使った経理・会計である「英文会計スキル」の需要は、日に日に高まっています。それは、雇用形態を問わず、派遣社員も同様です。

実際、外資系企業を中心に、「ビジネス英語が使える方」「英文会計の知識・スキルがある方」といった条件を提示して求人を出しているところも最近は増えてきています。

英文会計の派遣は高待遇!

英文会計の派遣は、通常の経理・会計のお仕事よりも「待遇が良い」という点も大きな特徴です。

どれくらい良くなるかというと…一般的な経理事務の派遣に比べて、時給ベースで大体10~20%ほど高くなる傾向があるようです。首都圏であれば、時給1800~1900円の求人も珍しくなく、スキルによっては、さらにそれ以上の待遇が期待できることもあります。

英文会計スキルを身につけるには?

さて、英文会計といっても、単に英語ができるだけでは務まらないのが難しいところ。会計方式が日本のものとは異なるほか、「英文会計という名の言語」と言っても過言ではないほど、無数の特殊な専門用語が出てきます。そのため、スキルを身につける最短のルートは、やはり資格を取得すること。代表的な資格は以下のとおりです。

IFRS検定

IFRSに関する幅広い知識が問われる検定・資格です。「国際会計基準審議会」の前身である「国際会計基準委員会」が設定した「IAS(国際会計基準)」の28項目に、IFRSとして設定された13項目を追加した41項目、プラス「財務諸表の作成及び表示に関するフレームワーク」を加えた全42項目が出題されます。

BATIC(国際会計検定)

国際会計理論の理解とIFRSに関する知識や米国会計基準についての知識が問われる資格です。検定の獲得スコア別に4つのランクが用意され、スキルレベルを的確に把握できるようになっています。

USCPA(米国公認会計士)

IFRSと双璧をなす、国際会計基準「USGAAP(米国会計基準)」の知識を測る資格です。IFRSがグローバルスタンダードになりつつある今ですが、英文会計のスキルを証明する資格としてまだまだ大きな効力を持っています。

需要はまだまだ高まる見込み!

英文会計スキルは、非常に高い専門性が求められるため、これからもさらに需要が高まることが予想されています。転職活動でも、大きなアドバンテージになることは間違いありません。

ワークライフバランスを重視して「派遣という働き方を考えたい」という場合は特に、より高待遇で働ける方法として、視野に入れてみるのも良いかもしれませんね。

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。