スキル

2016/06/28

【ビジネス英語】知っておくと便利!方位・方角を英語で表す方法

著者: パソナ キャリアコンサルタント(貿易担当)

【ビジネス英語】知っておくと便利!方位・方角を英語で表す方法

今回のビジネス英語は、「方位や方角」を英語でどう表現するかについてご紹介いたします。というのも、東西南北はスムーズに思い出せたとしても、意外と出てこないのが方位・方角なのです。覚えておけば、海外の取引先へ位置や方角を伝えるときにきっと役に立ちますよ。

方位・方角を使いこなそう!

英語で “東・西・南・北” を表す単語は名詞ですが、 これらの単語に “ern” を付け加えると、形容詞になることはご存知でしたか? 知らなかった方は、ぜひこの機会に覚えておいてくださいね。
ex:) East⇒Eastern South⇒Southern

さっそく東西南北の名詞 / 形容詞を使った英語表現をご紹介します。

位置を伝える

“○○は××のどの辺りにある” と、比較的広い範囲で位置を表すときの表現

“KYUSYU is in the south of Japan.”
“KYUSYU is southern Japan.”
“KYUSYU is in the southern part of Japan.”
九州は日本の南部にあります

場所を伝える

“○○は××のどこにある” と、限定した場所を表します

“Canada is north of U.S.A.”
カナダはアメリカの北にあります。
“Mexico is south of U.S.A.”
メキシコはアメリカの南にあります。

さらに覚えておくと役立つのは、東西南北に方向性を加えた表現。東に行く・西へ向かうなどと表現したいときには “東西南北+方向性を表す単語” で使われることが多いのです。以下を参考に、どの方位+どの方向性かを覚えましょう。

“go back (to) east” (東へ行く)
“go out (to) west” (西へ行く)
“go down (to) south” (南へ行く)
“go up (to) north” (北へ行く)

さて、ここでお気づきでしょうか。日本は首都が東京(つまり東側)にあり、電車の上り下りの表現も含めて、東へ「進出する」イメージがあると思います。

ですが、英語では西へ「進出する」 東へ「戻る」と表現されるのです。もしかすると、西部開拓の歴史に関係があるのかもしれません。

南北に関しては、地図の上側に北が記載されることもあって、日本語と同じ方向感覚があるようで、「南下/北上」などと表現します。この違い、探ってみるとおもしろいですね。

 

参考サイト:

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。