悩み・質問

2016/04/08

協賛金の損金算入と消費税の取り扱いについて知りたい!

会社として地域のお祭りなどへの協賛が決まり、協賛金を提供することになった場合、処理方法によって、経費を全額損金算入できるケースとできないケースがあるのをご存知でしょうか?

そこで今回は、経理パーソンが知っておきたい協賛金の仕訳や、消費税の取り扱いについてご紹介します。

目次
協賛金の勘定科目は3種類ある!
協賛金の種類と損金算入について
協賛金の種類と消費税の取り扱いはどうなる?
正しく処理すれば節税になることも!

協賛金の勘定科目は3種類ある!

協賛金というのは、お祭りなどのイベント・催し物や、何かしらの事業に賛同した場合に支払うお金のこと。協賛金は、その目的や協賛者としての立ち位置によって、会計上の処理方法などが異なります。

具体的に言うと、協賛金を仕訳する際の勘定科目には「広告宣伝費」「交際費」「寄付金」の3種類があります。

3種類の勘定科目について、損金算入*の可否や消費税の課税・不課税について、詳しく解説していきましょう。

*法人税を計算する際に、収益(益金)から差し引くことのできる費用=損金にできること

協賛金の種類と損金算入について

勘定科目を「広告宣伝費」として処理する場合は、全額損金算入できるため、問題はありません。ですが、「交際費」または「寄付金」として処理する場合は、注意が必要です。

1.勘定科目を「交際費」として処理する場合

たとえば、協賛するイベントなどの主催者が顧客や取引先の場合、今後の取引の円滑化などを目的にした協賛金となると、「交際費」の扱いになる可能性があります。

交際費は、原則、損金不算入になります。ただし、資本金(出資金)1億円以下の中小企業に関しては、年間800万円まで損金算入できるという特例があります。適用時期や詳細は、下記、国税庁のHPもご参照ください。

※参考:国税庁「No.5265 交際費等の範囲と損金不算入額の計算」「No.5262 交際費等と寄附金との区分

2.勘定科目を「寄付金」として処理する場合

寄付金の場合は、金額の計算が必要になるケースがあります。まず、国や地方公共団体、特定公益増進法人へ寄付をする場合は、全額を損金算入できます。

ただ、それ以外の場合は、損金算入できる限度額が定められています。その限度額は以下の計算式で求めることができるので、計算してみてください。

損金算入の計算式

協賛金の種類と消費税の取り扱いはどうなる?

続いては、消費税の取り扱いについて。協賛金に消費税が課税されるかどうか気になるところですが、「寄付金」としての協賛金は、対価性のない取引にあたるため、不課税仕入れになります。

また、お祭りなどの主催者が取引先で、「交際費」として処理する場合も、対価性のない取引とみなされ、不課税仕入れになります。

ですが、協賛に「広告・宣伝効果」という対価がある場合は課税仕入れとなり、消費税が課税されます。

正しく処理すれば節税になることも!

少々複雑になりましたが、協賛金の処理について、理解は深まりましたでしょうか。いずれにしても、適正な処理をすることで法人税や消費税の節税につながる可能性があるので、それぞれの違いについて、しっかり覚えておきましょう。

 

「経理」関連記事一覧
「シゴ・ラボ」では、他にも経理用語や経理パーソンのキャリアアップに役立つ記事を多数ご紹介しています。気になる方はこちらからチェックしてみてください。

【経理用語集】実務で役立つ!頻出・経理用語100
「実務で役立つ!頻出・経理用語100」は、経理初心者の方や経理としてステップアップしたい方のための経理用語集です。日々の業務や毎月の経理イベントにおける頻出用語を100個ピックアップ!分かりやすく用語の解説をしています。こちらからダウンロードできますので、ぜひご活躍くださいね。

参考サイト:

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。