スキル

2014/05/20

【スキルチェック】電卓検定で「電卓力」を試す!

おう!今日も今日とて数字漬け、経理・会計スキルの伝道師・経理サバだ。前回は電卓の叩き方について解説したが、今回は電卓スキルの検定試験を紹介するぜ。電卓のさまざまな機能を使いこなしながら、操作の速さと正確さを計れる検定だ。資格取得に興味のある経理・会計・財務パーソンなら、受験を検討してもいいと思うぜ。

「電卓計算能力検定」と「電卓技能検定試験」

電卓の検定試験にもいろいろあるが、主要なものと言えば「電卓計算能力検定」と「電卓技能検定試験」のふたつだ。

それぞれ主催している団体が違っていて、「電卓計算能力検定」は全国経理教育協会、「電卓技能検定試験」は日本電卓技能検定協会が主催している。なんか漢字ばっかり並んでて字面だけだと違いがよく分からないかもしれないが、問題の個性や出題範囲なんかが違ってる、別々の検定だ。ただ、総合的な難易度としては大差がないと言われているから、試験の日程や試験場所なんかでどっちを受けるか決めてもいいだろう。

検定の内容について

どちらの検定も、複数の種目に分けて認定試験を受けるという点では共通。試験種目もほとんど一緒で、「電卓計算能力検定」のほうが1科目多いだけだ。ってわけで、ここでまとめて説明しちまうぜ。

見取算

簡単に言うと「足し算」「引き算」だな。いくつも並んでいる数字を足し引きしていく計算だ。

乗算

いわゆる「掛け算」だが、パーセントの計算や端数処理なんかが要求されることもある。

除算

こっちは「割り算」で、同じようにパーセントの計算や端数処理なんかが必要になる問題もある。乗算の「×」が「÷」になっただけだから、乗算さえ押さえておけばこっちも自然とできるようになるぜ。

伝票算

伝票をめくりながら計算していく種目だ。伝票ごとに複数の数字が書かれていて、各伝票の同じ位置にある数字同士を足していく。シンプルな足し算だが、伝票をめくりながら電卓を操作するのに慣れが必要だぜ。

複合算

「電卓計算能力検定」だけにある種目で、加算(足し算)、減算(引き算)、乗算(掛け算)、除算(割り算)の四則演算が混ざった計算だ。メモリ機能を活用する問題がほとんどだな。

12桁電卓を用意して挑め!

どっちの検定も、12桁の電卓を使用する。持っていない場合はまずその準備からだな。電卓の選び方は、前にSHOZOが言ってた話を参考にするといいだろう。

どんなことでも、目標があったほうが上達は早いもんだ。なんとなく電卓を練習するよりも、検定合格を目指しながら取り組んでみるといいんじゃねぇか?資格はないよりあったほうが当然いいし、資格を取得するプロセスのなかでお前たちの電卓スキルは知らず知らずのうちに磨かれている。資格を持ってること、そのものが自信になったりもするよな。ってわけで、勝手に頑張ってくれよ!今回は以上。またな!

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。