悩み・質問

2015/07/03

【製造業】商品の配送費は製造原価に含めるべき?

【製造業】商品の配送費は製造原価に含めるべき?

例えば、配送費を固定費にした場合、売上(配送費に含む)によって前後するため、製造原価に入れるべきか迷ってしまうところ。配送費が多いほど売上も粗利も高くなるため、不安定になってしまいます。そのような疑問点も含め、今回は、製造した商品納入時の配送費を製造原価に含めるべきか否か、について説明します。

配送費は製造原価へ含まないのが一般的

上記の例の場合、「商品の納入にかかる配送費」は製造原価へ含めず、「販売費(販管費)」として配賦するのが一般的。

「製造原価」とは、文字通り製造にかかった費用のことですが、配送費や荷造費は、製造されたあとの商品の営業活動(販売活動)に発生する費用ですので、これらは販売費として配賦します。

配送料が製造原価に含まれるケースとは

ただし、すべての配送料が販売費になるというわけではありません。「製造に必要な材料の仕入れ」や「材料の工場への移動」にかかる物流費など、“製造にかかる配送料”は製造原価に含まれます。

配送費は固定費?それとも変動費?

また、配送費が「固定費」なのか「変動費」なのかも判断のポイントになります。つまり、売上の増加で配送費も増えるため、変動費の「売上高によって増減する費用」という定義に合致するようにも思えますよね。

配送の方法にもよりますが、例えば商品の納入をすべて自社でまかなっている場合、商品の保管スペースの賃料や配送スタッフの人件費などは、「固定費」になります。

ただし、配送業者に委託しているなどの場合は、売上によって変化しますので、「変動費」とするのが一般的です。この場合、配送費は総原価のうち製造原価に含まれない「販売費」であり、かつ「変動費」となります。配送費は変動費ですので、それが上下すれば粗利も変わるというわけです。

まとめ

なぜ、原価計算で固定費と変動費を区別するのか。それは、売上高の変動にともなう利益の変動を把握し、利益改善に活かすためです。

粗利を増やすには、変動費を抑える必要がありますが、配送費を変動費にすることで、固定費にしていると見つけにくい“削減できるはずのムダ”が見つけやすくなり、利益改善に役立つのです。

 

「経理」関連記事一覧

「シゴ・ラボ」では、他にも経理用語や経理の方々のキャリアアップに役立つ記事を多数ご紹介しています。その他の記事もチェックしてみてくださいね。

【経理用語集】実務で役立つ!頻出・経理用語100

「実務で役立つ!頻出・経理用語100」は、経理初心者の方や経理としてステップアップしたい方のための経理用語集です。日々の業務や毎月の経理イベントでよく使われる基本的な用語を100個ピックアップし、わかりやすく用語の解説をしています。ダウンロードして、ぜひご利用ください。

 

参考サイト

 

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる!
「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位!
派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」
理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

サービス満足度95%!
一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング
みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。