悩み・質問

2016/12/27

【成長】簿記3級にも登場する、「商品有高帳」って何?

おう!会計スキルアップの伝道師、経理サバこと財前サバ夫だ。お前ら、2016年もしっかり数字の海を泳ぎ切ったか?年が明ければやれ確定申告だ、やれ決算準備だと忙しくなってくるが、一流の経理や会計になりてぇなら常にスキルアップの意識は持っておかねぇとな。

さてそんなわけで、今回は商品の在庫管理と切っても切り離せない商品有高帳(しょうひんありだかちょう)の記入方法について講義をしていくぜ。王道の資格試験である日商簿記で言えば、3級の範囲になる。未経験経理やこれから簿記3級を受けるってヤツは、しっかりチェックしておけよ。

商品有高帳を理解し、一目置かれる在庫管理マスターに

取引が発生すると、まず仕訳帳上で仕訳を行い、それを総勘定元帳に転記するよな。だが、総勘定元帳では取引の詳細まで見えない。そうした一つひとつの取引内容をチェックするために補助簿ってのを必要に応じて作成するんだが、商品有高帳はその補助簿の一種で、簡単に言えば「商品の在庫状況を把握できる補助簿」のことだ。

商品有高帳は在庫管理の肝

商品有高帳の付け方はシンプルで、商品を仕入れた時(受入)や売り上げた時(払出)に、商品の種類ごとに数量や単価、金額を細かく記入していく。これを見ればある時点の在庫状況がどうだったのかが明らかになるから、適切な在庫管理ができるってわけだな。さらに、総勘定元帳の記録と照らし合わせれば、仕訳帳からの転記ミスを防ぐことにもつながるんだ。

三十路経理のユーイチも言ってたが、商品の在庫ってのは利益を左右するもんだから、しっかり管理しなきゃならねぇんだよな。管理費(人件費)や保管代(場所代)もかかるし、売れ残って不良在庫になるリスクだってある。でもなきゃないで不都合が出るから、適切な管理によって必要最小限の在庫を抱えておくってのが会社としては理想的だろう。

記載する際に注意すべきこと

商品有高帳に記入する際に、注意すべき点が2点ある。一つが、必ず原価で記入する(値引きを記入しない)こと。そしてもう一つが、商品を販売時の「払出単価」が異なる場合に、それを計算しなきゃならねぇってことだ。

例えば、「12月5日に商品10個を100円/個で仕入れた」「12月10日に商品10個を160円
/個で仕入れた」「12月15日に商品15個を売り上げた」っていうケースがあったとするよな。その時、12月15日に払い出された商品の払出単価はいくらだと思う?

……正解は1つじゃない。払出単価の計算方法はいくつかあるんだが、簿記3級レベルの経理・会計・財務なら「先入先出法」と「移動平均法」を覚えておけばいいだろう。以下で詳しく説明するぜ。

先入先出法

先入先出法は、「先に仕入れた商品から先に払い出した(売った)」と仮定し、払出単価を決める方法だ。上の例の場合では、100円/個で仕入れたものが10個売れ、160円/個で仕入れたものが5個売れたと考える。先に仕入れた商品から行を分けて商品有高帳に記入するんだ。

払出単価は払出金額を個数で割れば出てくる。先入先出法なら、答えは120円となるってわけだな。

移動平均法

移動平均法は、仕入れ(受入)のたびに在庫の平均単価を計算し、それを払出単価とする方法だ。最後に受入が発生したのは12月10日。その時点で在庫の平均単価は130円だから、それがそのまま払い出された商品の払出単価になるんだ。

反復練習で「習うより慣れろ」

今回は仕入れ(受入)が2回、売り出し(払出)が1回っていうパターンを例にしたが、簿記3級の試験問題ではもう少し複雑になるかもしれねぇな。帳簿の金額などから仕訳を導くっていうパターン、実際に帳簿に記入させるパターンなどいろいろあるから、問題集などで慣れておくことを進めるぜ。まさに「習うより慣れろ」だな。じゃあ今回はこの辺でおいとまするとするか。新年も、いい夢見ろよ!あばよ!

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。