悩み・質問

2017/03/31

赤字決算になりそう……どうすればいい?

今週の相談
会社の業績が思わしくなく、なんとかしようとみんな躍起になっていますが、赤字か黒字かの瀬戸際状態です。おそらく、赤字になれば銀行などへの印象も悪くなると思います。仮に赤字決算が濃厚になってしまった場合、どんな対処をすればいいでしょうか?

埼玉県 まーみん(28歳)

落ち着け、まだ道はある!

赤字とはあんまり関係ないが、俺は現役時代によく鼻血を出した!気合いが空回りしてムダに転んだりしたんだよな~!今では青春の1ページとして胸に刻まれているぞ!……ああ、そうそう、赤字の話だったな!これは重要な事項だ!説明しよう!スマーッシュ!

赤字決算は大きく4つに分けられる!

まず、言っておかなければいけないのは、必ずしも「赤字=悪」というわけではないってことだ!なぜなら、ひと口に赤字と言っていろんな種類があるからだ!その種類は大きく4つに大別できる!それぞれのパターンによって金融機関への説明が変わってくるから、まずはどれに該当するのかを把握しておく必要があるぞ!

1.慢性的な赤字

赤字が常態化しているパターンだ!言わずもがな、銀行などの金融機関への印象は非常に悪い!経営の方針のみならず、マーケット自体の縮小や、競争の激化などの要因も考えられ、短期的に完結するのが難しいことも多いんだ!

2.一時的な赤字

機器設備の除却損や役員に対する退職金などの支出があったり、地震などの災害によって一時的に営業できなくなったりするなど、本業とは直接関係のない要因によって赤字決算となるパターンだ!赤字になった要因が明確で、かつ一時的なものであることが分かる場合がこれに当たる!表面上は赤字になっているが、金融機関の印象はさほど悪くなることはないだろう!

3.意図的な赤字

法人税の節税を目的に、意図的に赤字にするパターンだ!役員報酬を増やしたり多くの経費を計上したりして利益を減らし、あえて決算を赤字にするわけだな!ただし、節税したいからといって、本来不要な費用まで計上していると、いざというときに現金が手元にない、なんてことにもなりかねない!節税もほどほどにしないとあとで痛い目を見ることになるぞ!

4.計画的な赤字

当初から赤字になることが想定されているパターンだな!代表的なのが、会社の草創期だ!創業時に作成した事業計画を鑑みて、合理的な範囲であれば計画に基づいた「想定された赤字」とみなされるだろう!

赤字決算になりそうな場合はどうする?

もし赤字決算が濃厚になった場合は、2つの道がある!ひとつは、大幅な赤字にすること!もうひとつはどうにか黒字に持っていくことだ!

1.大幅な赤字にする

もしギリギリでの巻き返しが難しい場合は、思い切って大幅な赤字にしたほうがいいことがある!たとえば、前期が黒字決算で、当期が赤字になることが濃厚な場合だな!こういう場合は、来期の決算を確実に黒字に持っていくために、当期決算にできるかぎりの損失や経費を盛り込む!マイナス要素を出せるだけ出して、来期のV字回復を狙うんだ!“そこそこの赤字”が2年連続するより、“大きい赤字”を1年にしたほうが得策ってわけだ!

2.どうにか黒字に持っていく

「赤字が濃厚だが、もしかしたら……」という場合は最後まで諦めずに黒字を目指す方法もある!当然、金融機関からは黒字のほうが印象はいいからな!その場合に検討したいのが、費用を資産として計上することだ!費用を増やして利益を減らす「節税対策」の逆をやって、利益を増やすわけだな!方法としては以下の5つが挙げられるぞ!

【1.前払費用の計上】
損害保険料や生命保険料、また従業員のセミナー料金など、長期にわたって効果がおよぶものは、来期にかかる期間の分は、「前払費用」という資産として計上できるぞ!

【2.消耗品の計上】
消耗品を購入した際は、消耗品費という費用で計上するが、未使用のものについては、資産にすることができる!決算日時点の在庫を確認して、使っていない分を資産にすることで費用を少なくできる!

【3.買掛金の整理】
長期間にわたって未払いになったままの買掛金がないか調べてみよう!支払い義務がなくなっているものがあるかもしれないからな!

【4.債務免除益の計上】
役員からの借入金がある場合、その債務を免除とすることで、特別利益として振り替えることができるんだ!

【5.減価償却費を計上しない】
償却限度額の範囲内で償却したお金は、費用として計上できることになっているが、そもそも減価償却費の計上は会社の任意だ!あえて減価償却費の計上を見送ることで利益を増やすことができるぞ!

諦めるのも青春、足掻くのも青春だ!

赤字決算と言っても、悪いことばかりじゃない!中には仕方のない赤字もあるんだよな~!金融機関もそのへんは一定の理解を示してくれるから心配しすぎることはない!いわば、スポーツマンシップみたいなもんだよな!ただ、明らかによくない赤字ももちろんある!

そんなときは、もっと先の成長を見越して諦めたほうがいい場合もあるし、ギリギリまで足掻いたほうがいい場合もある!それは企業の状態によって変わるだろうが、いずれにしても間違いないのは、そこに熱い青春を感じるってことなんだよ!君もこの決算を乗り越えることで一層の成長を遂げることだろう!健闘を祈るぞ!ということで今回はここまで!君の悩みに……スマーッシュ!

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。