働き方

2018/03/30

【経理】ミドル層の転職に必要なものは何ですか?

著者: パソナ キャリアコンサルタント(経理担当)

【経理】ミドル層の転職に必要なものは何ですか?

転職を考える35歳以上のミドル層にとって、自身の年齢を考え躊躇してしまうのはよくあること。ですが、しっかり身につけておくべきスキルやキャリアがあれば、転職は十分可能です。

今回は、35歳以上の経理職が、更なるキャリアアップを目指すため転職を考えたときに必要になる「自己アピールのポイント」についてご紹介します。

目次
「即戦力」を全力でアピールしよう
マネジメント経験があれば前面に押し出そう
重ねてきた年齢なりの価値をアピールしよう

「即戦力」を全力でアピールしよう

まずは、自分が経理として「即戦力」となれることを全力でアピールすることです。上場企業の経理担当経験があるなら、それだけでも大きな武器になります。

他にも何らかの有用な資格を所持していたり、監査役や経営コンサルティングなどの経験を持っていたりすれば、転職でとても有利に働くでしょう。

※関連記事:『経理の転職に有利な資格は?』『経理のキャリアアップにオススメの検定・資格は?経験・レベル別にご紹介!

ただしミドル層である以上、ただ「経理の仕事ができる」だけでは少しアピールに欠けるかもしれません。

企業が必要としている即戦力の経理とは、会社の経営や方針などを理解している経理。例えば経常利益について詳しい方などは、きっと重宝されるでしょう。

マネジメント経験があれば前面に押し出そう

ミドル層ともなれば、後輩や部下を育成した実績をお持ちの方も多いでしょう。このマネジメント経験が大きなアピールポイントになるのは間違いありません。

企業からすれば、しっかり経理の仕事ができることに加え、人材育成にも貢献できる人物を求めているはず。実際、マネジメント経験の有無を採用の条件に挙げる企業も多いようです。

重ねてきた年齢なりの価値をアピールしよう

近年の専門職種における転職市場は、昔ほど年齢が重視されなくなっているようです。とはいえ、ミドル層のアピールポイントは、やはり「経験」と「実績」。この2つの武器がカギになります。

年齢を理由に転職を思いとどまる理由は何もありませんので、今回の記事を参考にどんどんチャレンジしてみてくださいね。

 

関連記事

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。