悩み・質問

2014/06/27

中途採用者の給与の日割計算方法とは?決まったルールはある?

中途採用者の給与の日割計算方法とは?決まったルールはある?

経理職のみなさんは、中途採用の方の給与(月給)の日割計算のやり方をご存知ですか?

とあるA社では、中途入社した社員の給与を日割で計算する際、給与を30で割り、在籍日数で掛けているそうです。

一方のB社では、営業日数で割り、実働日数で掛けているそうです。しかもA社のやり方について、土日も労働日に含んでいることになるし、時給も安く計算されてしまうと主張します。

ではいったいどちらのやり方が正しいのでしょうか?今回は、給与の日割計算方法についてご紹介します。

明確な取り決めはなし!規定でしっかり決めておくことが大切

実は、労働基準法などの法律において、「給料を日割計算しなさい」ということは決められていません。そのため、会社ごとの就業規則や給与規定などでルールを決めておけば、基本的には問題がないと言えます。

ですから、前出のA社のやり方もB社のやり方も、どちらも間違いではありません。

規定を定めていない、ということが問題に

給与の日割計算について、法律では特にルールが定められていません。裏を返せば、「規定を定めないまま、給料を日割する」ということ自体が問題となります。

「その月のうちに就業していない日がある場合、○○というルールで給料を日割計算にします」と定め、就業規則や給与規定に明記しておくことが大切です。

一般的な給与の日割ルール

なお、多くの企業では、この3つの算出方法のうち、何れかが使われています。

1.暦日基準
(給与)÷(その月の日数)×(所属日数)

2.所定労働日基準
(給与)÷(その月の所定労働日数)×(実働日数)

3.月平均の所定労働日基準
(給与)÷(月平均の所定労働日数)×(実働日数)
*(月平均の所定労働日数)=(年間の所定労働日数)÷12

つまり、「一律30で割る」というやり方でも問題はなく、前出のA社のやり方も間違いではないのです。

 

「経理」関連記事一覧
「シゴ・ラボ」では、他にもたくさんの記事をご紹介しています。経理用語や経理の方々のスキルアップに役立つ記事は、こちらからチェックしてみてください!

【経理用語集】実務で役立つ!頻出・経理用語100
「実務で役立つ!頻出・経理用語100」は、経理初心者の方や経理としてステップアップを目指す方のための経理用語集です。よく使われる基本的な用語を100個ピックアップし、分かりやすく用語解説をしていますので、こちらからダウンロードして利用してみてくださいね。

参考サイト:

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる!
「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位!
派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」
理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

サービス満足度95%!
一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング
みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。