スキル

2017/10/13

マトリクスで表示する値の行列方向を切り替え可能に

値を行方向ではなく、列方向に並べる

Power BIのカスタムビジュアルの中でも利用頻度が高いのが、数値を一覧できるマトリクスチャート。データを数字で並べたい場合に欠かせない機能です。

Power BIのマトリクスでは、表示する値を複数設定すると、行方向に値が並びますが、データの種類によっては、行方向に値を並べたい場合がありますよね。たとえば、プロダクトA〜Dの4種類の製品について、「入金額」と「ダウンロード数」をそれぞれ一覧表示したい場合、すべてが列見出しの方向に表示されてしまっては、値が横に並ぶため、比較しづらい見た目になります。

これを製品ごとに「入金額」「DL数」を階層表示にできると、見やすくなります。この場合は、「書式」ペインを開き、「行に表示(Show in rows)」を設定すると、下記のように表示を切り替えられるようになりました。

横一列に並んでいた値が、プロダクトごとに1列で表示されるようになったため、見やすくなりました。

 

小計の表示/非表示を調整する

なお、この例でも表示されていますが、マトリクスで値が表示されると、小計と総計が表示されます。状況によっては、小計を表示したくない場合もあります。二段構えで小計が表示さると見づらいですし、特に小計表示に意味がない値のケースもあります。

小計の表示をなくす場合は、「書式」ペインの「小計」の「行の小計」もしくは、「列の小計」をそれぞれ「オフ」にすることで非表示にできます。

上図では、「行の小計」をオフにしたので、マトリクス下部に表示されていた小計が、非表示になりました。

同様に「列の小計」をオフにすると、下図のように、マトリクス右部の小計が非表示になります。

いかがでしたか。さらに便利になって、デザインも柔軟性が増したマトリクスの「書式」ペインの「行に表示」機能を紹介しました。ぜひ、ご利用ください。

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。