用語

2018/02/19

「輸出」「積み戻し」「再輸出」の違いを説明できますか?

こんにちは!貿易女子の円(まどか)です。以前、貿易用語の記事で「シップバック」についてご紹介したのですが、今回は、その記事ではお話ししきれなかった“輸出、積み戻し、再輸出の違い”についてご紹介したいと思います。では早速ですが、始めましょう!

※関連記事:「輸出者に貨物を返送する『シップバック(積み戻し)』手続きのこと」、「輸入通関後の『シップバック』と『関税戻し税』のこと

ふだん使う言葉と、手続き(法律)上で使う言葉の違いを把握しよう

記事の冒頭を読んで、少なからず「輸出」「積み戻し」「再輸出」の違いをあらためて考えてくださっていると思うのですが、もし、人にその違いを聞かれたらどのように答えますか?

それぞれ漢字がそのまま言葉の意味を表していますし、説明するのは難しくないように感じるかもしれませんが、ここに貿易の現場でよく使われる「シップバック(Ship Back)」を加えると、話が少々ややこしくなります(というのも、シップバックは、時に「積み戻し」のことを指し、時に「再輸出」のことを指すからです)。

また、貿易の現場では「輸出」という言葉を“外国に貨物を送る”という意味で使うことが多く、一度輸入した貨物の再輸出であっても、会話では輸出と言ってしまい、厳密な意味を言い表せていないこともあります。

しかし、貿易に関する法律ではこれらの言葉を区別しているため、貿易実務の仕事では、ふだん会話で使っている言葉とは別に、手続きする上での“言葉の定義”をしっかり把握することが必要です。

では、以下の表に、手続きを行う上でしっかりと理解しておきたい内容をまとめてみましたので、ご覧ください。

※表の内容をきちんと把握するには、外国貨物、内国貨物の違いを理解している必要があります。理解があやふやな方は、「オトナ語ならぬ略語が多い貿易事務『ないか・がいか』 」をご覧ください。

▼ 輸出、積み戻し、再輸出の定義

輸出 “内国貨物”を外国に向けて送り出すこと。
(関税法第2条第1項第2号)
積み戻し “外国貨物”を外国に向けて送り出すこと。
(関税法第75条)
 
※貿易現場では「シップバック」とも言われる。
※輸入通関前の保税地域にある状態の貨物を外国貨物という。
※法律上は「積戻し」と表記される。
再輸出 輸入した貨物を再び外国に向けて送り出すこと。輸入通関した“内国貨物”を原形のまま再び輸出されるケース(A)と、保税地域または国内において、修繕や加工を施されて再び輸出されるケース(B)がある。
(関税定率法第20条ほか)
 
※再輸出には、内国貨物、外国貨物の両方のケースがある。
※Aのケースを貿易現場では「シップバック」とも言われる。

 
3つの言葉を整理すると上図のようになりますが、それぞれの言葉の定義を理解できましたでしょうか?

実は「積み戻しと輸出の違い」「2つのシップバック(積み戻しと再輸出)の違い」については、貿易実務や通関士の試験でも取り上げられるほど、ややこしいとされる内容なのですが、貿易実務においては大切な定義なのでしっかりと覚えておきましょう。

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。