用語

2016/06/20

「支払報酬料」ってどんな勘定科目?|経理用語解説

「支払報酬料」ってどんな勘定科目?|経理用語解説

経理担当者に欠かせないのが、勘定科目の知識。そこで今回ご紹介するのは、勘定科目のひとつである「支払報酬料」について。「支払報酬料」がどんなケースで使用されるのか、しっかり把握して正しく仕訳をしてくださいね。

特定報酬の支払いを管理する「支払報酬料」

勘定科目のひとつである「支払報酬料」とは、弁護士や税理士、司法書士、社会保険労務士などのほか、ライターやデザイナーなどの専門家に対する支払いを管理するための科目です。なお、支払先が個人となる場合は、源泉徴収の対象となるため、気をつけましょう。

支払報酬料として扱われる項目

・弁護士・司法書士・公認会計士・税理士・社会保険労務士・不動産鑑定士の報酬・顧問料など
・ライター・翻訳家への原稿料・翻訳料・校正料など
・デザイナー・イラストレーターへのデザイン料・イラスト料など
・芸能人・スポーツ選手・著名人への出演料など

この「支払報酬料」と近しい関係にあるのが、「支払手数料」。こちらはあくまでも支払いに関係する手数料を処理する科目です。銀行の振込手数料や仲介手数料、斡旋手数料などを計上し、「支払報酬料」と区別するのが一般的です。

経理用語豆知識
なお、企業によっては、各種報酬などを支払手数料として処理しているところもあります。計上方法はケースバイケースなので、企業の会計方針に従って適切に処理しましょう。また、クリーニング代やインターネットのドメイン料なども、支払手数料として計上することが可能です。

専門家などに対する報酬の支払いに用いられる「支払報酬料」。ただ、その計上方法は企業により異なりますので、自社の方針に合わせて正しく処理を行いましょう。

 

「経理」関連記事一覧
「シゴ・ラボ」では、他にも経理用語についてや経理の方々のスキルアップに役立つ記事を多数ご紹介しています。その他の記事もこちらからチェックしてみてください。

【経理用語集】実務で役立つ!頻出・経理用語100
「実務で役立つ!頻出・経理用語100」は、経理初心者の方や経理としてステップアップしたい方のための経理用語集です。日々の業務や毎月の経理イベントでよく使われる基本的な用語を100個ピックアップし、分かりやすく用語の解説をしています。こちらからダウンロードできますので、利用してみてくださいね。

関連記事:

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる!
「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位!
派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」
理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介
みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。