スキル

2018/01/30

RPAと共存させやすい経理・会計業務とは

RPAと共存させやすい経理・会計業務とは

今、経理・会計・財務としてのスキルアップを目指すなら、RPA(ロボットによる自動化)に関するスキルを磨くのがオススメです。「機械に仕事を奪われる!…」などと怯えていないで、むしろ「ロボットを利用してやろう!」くらいに考えたほうが得策。それが、これからの時代の経理・会計・財務の働き方なのです。

今回は、RPAと共存させやすい経理・会計業務についてご紹介します。

※関連記事:『AIやRPAの普及で経理の仕事はなくなる!?経理に今後求められるスキルとは?

RPA系のスキルアップは目標に取り入れやすいのが魅力!

自動化させやすい経理・会計業務一覧

経理や会計の業務はルーチンワークが多いですから、比較的自動化させやすい業種です。以下では主な業務を例に、RPAに置き換えた場合についてご紹介します。

買掛金・売掛金の管理

毎日の業務に欠かせない買掛金と売掛金の管理には、会社ごとのルールがあったり、最後に数字が一致しているかを人の手で確認したりすることが求められました。

ですが、会社ごとにRPAの技術で自動化させることで機械が反復作業をしてくれますし、計算も正確ですから、わざわざ目視でチェックする必要がありません。

例えば、これまでは手入力していた請求書情報や数字の検証も、すべて自動化が可能。正確さに加えて、大幅な時短まで実現できるのです。

給与計算

従業員に支払う給料袋のヒモを管理する給与計算も、経理・会計の大切な仕事ですが、こちらもRPAの技術を使って自動化できます。

手作業でやってきた交通費などの各種手当、住民税や控除項目なんかの面倒な計算も、自動化すれば正確かつ迅速に行えます。毎月の給料日は決まっていますから、RPAの技術で処理しておくことで他の業務が圧迫されずに済むので、時間に余裕が生まれるでしょう。

 

「経理」関連記事一覧

「シゴ・ラボ」では、この他にも経理用語や経理の方々のキャリアアップに役立つ記事を、多数ご紹介しています。まずは一覧から、気になる記事をチェックしてみてくださいね。

【経理用語集】実務で役立つ!頻出・経理用語100

「実務で役立つ!頻出・経理用語100」は、経理初心者の方や経理としてステップアップしたい方のための経理用語集です。日々の業務や毎月の経理イベントでよく使われる基本的な用語を100個ピックアップし、わかりやすく用語の解説をしています。ダウンロードして、ぜひご利用ください。

 

関連記事

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。