悩み・質問

2017/03/17

経費にできる「租税公課」って何のこと?

経費にできる「租税公課」って何のこと?

経理になって間もない頃は、知らない単語に出会うたび上司に質問したり、自身で調べたりと、仕事がスムーズに進まない場面も多いでしょう。

そのような中、経理として初めての決算に備えるため損益計算書(P/L)をながめていると、「経費」の中に「租税公課」という項目が…。これはいったい何の費用なのか、みなさんはピンときますか? 今回は、経理用語「租税公課」についてご紹介します。

「経費として落とせる税金など」のこと

租税公課とは、「租税」と「公課」をひとくくりにした言葉で、損益計算書上では「販売費及び一般管理費」の部に計上される勘定科目です。

「租税」は国や地方公共団体が徴収する税金を、「公課」は国や地方公共団体などへ支払う会費などのことを指します。

つまり租税公課とは、必要経費として認められている税金・公的負担金などになります。

租税公課に該当する税金・公的負担金とは

では具体的に、どのような税金・公的負担金が租税公課に該当するのかを見ていきましょう。

租税

・印紙税
・登録免許税
・固定資産税
・都市計画税
・事業税
・不動産取得税
・自動車税
・各種間接税
・申告期限の延長に伴う利子税及び延滞税 など

公課

・印鑑証明書の発行手数料
・住民票の発行手数料
・その他公共サービスの手数料
・地方公共団体などへの会費や組合費、交付金 など

租税公課に該当しない税金・公的負担金

対して、租税公課に該当しないものもあります。該当しない理由と併せて理解しておくと、覚えやすいですよ。

法人税、都道府県民税、市町村民税

所得に対して支払う税金ですので、当然経費には該当しません。

加算税・加算金、延滞税・延滞金、過怠税

ルール通りに税金を支払っていないことに対して課される税金ですので、こちらも経費には該当しません。

罰金・過料

たとえば、交通違反を犯したときの罰金などが該当します。上と同じく、罰金を経費にできるほど世の中は甘くありません!

法人税額から控除する所得税、外国法人税

法人税額から控除した上に、さらに経費にまで計上することはできません。

 

「経理」関連記事一覧
「シゴ・ラボ」では、他にも経理用語や経理の方々のキャリアアップに役立つ記事を、豊富にご紹介しています。こちらから、その他の多くの記事をチェックしてみてください。

【経理用語集】実務で役立つ!頻出・経理用語100
「実務で役立つ!頻出・経理用語100」は、経理初心者の方や経理としてステップアップしたい方のための経理用語集です。
日々の業務や毎月の経理イベントでよく使われる基本的な用語を100個ピックアップし、分かりやすく用語の解説をしています。こちらからダウンロードできますので、一度ご利用してみてくださいね!

 

参考サイト:

 

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる!
「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位!
派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」
理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

サービス満足度95%!
一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング
みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。