悩み・質問

2014/08/01

エアコンの取りつけ費用は何の勘定科目で計上する?

エアコンの取りつけ費用は何の勘定科目で計上する?

社内で20年以上使っていたエアコンが作動しなくなり、ついに新しいエアコンに交換。その際、購入代金は経費として処理することになりますが、エアコンの取りつけ費用は何の勘定科目で計上すれば良いのかご存知でしょうか?

今回は、エアコンの取りつけ費用の経費処理について、分かりやすくご紹介します。

エアコンの取りつけ費用はエアコン本体とセットにする

実は、エアコンは取りつけ費用だけで計上せず、本体とセットにして計上するのが基本です。

消耗品として計上するとは限りません

エアコンの購入費用が1機あたり10万円未満の場合、勘定科目は「消耗品費」で経費計上できます。しかし場合によっては、勘定科目を「固定資産(備品)」として計上しなければならないこともあります。

原則として、1機あたり10万円以上の場合には資産計上となり、法定の耐用年数に従って減価償却していく必要があります。ただ、10万円以上の場合にも次のような制度が使えることがあります。

10万円以上~20万円未満の場合

勘定科目を「一括償却資産」として資産計上し、3年で償却できる制度です。この制度のメリットは、耐用年数に関わらず3年で費用化できるところと、固定資産税が免除されるところです。

10万円以上~30万円未満の場合

資産に計上したうえで、購入した期に全額損金に計上できます。固定資産税はかかりますが、購入した年に一度で経費にできるのがメリット。

この制度は「資本金1億円以下」「従業員1,000人以下」の青色申告事業者であることが条件。さらに年間300万円までの制限があるので、注意が必要です。

30万円以上~の場合

使える制度はないため、原則通り資産計上します。

これらを活用することで節税にもなりますので、制度が使える金額の場合は、検討してみることをオススメします。

 

「経理」関連記事一覧
「シゴ・ラボ」では、他にも経理用語や経理の方々のキャリアアップに役立つ記事を多数ご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

【経理用語集】実務で役立つ!頻出・経理用語100
「実務で役立つ!頻出・経理用語100」は、経理初心者の方や経理としてステップアップしたい方のための経理用語集です。
日々の業務や毎月の経理イベントでよく使われる基本的な用語を100個ピックアップし、分かりやすく用語の解説をしています。無料でダウンロードできますので、利用してみてくださいね。

 

参考サイト:

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる!
「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位!
派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」
理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

サービス満足度95%!
一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング
みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。