用語

2020/03/23

派遣の顔合わせ(事業所訪問)って?具体的な内容や質疑応答の例をご紹介!

派遣の「顔合わせ(事業所訪問)」って?具体的な内容や質疑応答の例をご紹介 !

派遣という働き方では、条件に合う就業先(派遣先)が見つかった場合、派遣社員が希望すると就業先を事前に訪問して職場環境や業務内容を確認できる、就業先企業との「顔合わせ(事業所訪問)」を行うケースがあります。

ただ、初めて派遣でお仕事をされる方にとっては、採用面接との違いや顔合わせで何を行うのかなど、具体的なイメージがつきにくいかもしれません。

そこで今回は、顔合わせまでのステップや当日の流れ、服装、事前準備などについてまとめました。ぜひ、就業先を訪問する前の参考にしてみてくださいね。

目次
派遣における「顔合わせ」とは?
派遣登録から顔合わせ、そして就業開始まではどんな流れで進む?
気になる顔合わせ当日の流れをご紹介!
事前に準備しておくと良いことは?
質疑応答の具体例と注意点について
顔合わせはこれから働く就業先について知ることができる絶好の機会!

派遣における「顔合わせ」とは?

派遣における「顔合わせ」とは?

そもそも派遣では、紹介予定派遣を除いて、就業先企業(派遣先)による「事前面接」が禁止されています。

ただし、派遣社員が希望した場合、就業先企業の職場環境や業務内容を確認するための企業訪問は、法律で認められています。
それが今回のテーマである「顔合わせ」ですが、正式には「事業者訪問」と呼ばれており、派遣会社によっては「職場見学」などと呼ばれることもあります。

顔合わせの趣旨・目的

  • 派遣社員が派遣会社からお仕事を打診された際、受けるかどうかを派遣社員本人が判断するため
  • 実際の就業前に、業務に関する打ち合わせを行うため
  • 派遣社員が就業先からの評価を受けるためのものではない

顔合わせの内容

派遣会社の担当者立ち合いのもと、就業先の担当者と派遣社員で顔合わせを行います。

就業先から依頼する業務内容の説明を行ったり、派遣社員から就業先へ質問をしたりといった質疑応答がメインとなります。顔合わせの詳しい流れについては、後ほどご紹介します。

派遣における事前面接が禁止されている理由

派遣会社を雇用元として派遣社員が就業先企業で働き、就業先は業務上の指示のみを行うのが、派遣という働き方の仕組み。そして、「就業先の必要とする職業能力(スキル)が派遣社員にあるか、雇用元である派遣会社が判断し、派遣を行う」というのが、派遣の基本です。

そのため、雇用元ではない就業先企業が派遣社員を特定したり選択したりする行為は、法律で禁止されているのです。事前面接以外にも、下記の行為を就業先が行うことは禁止となっています。

  • 履歴書の提出依頼
  • 若年者に限ること
  • 性別を限定すること
  • 適性検査

派遣登録から顔合わせ、そして就業開始まではどんな流れで進む?

ここまで、顔合わせの目的や内容についてご紹介してきましたが、そもそも顔合わせはどのタイミングで行われるのか、また就業開始に至るまでの具体的なプロセスがイメージしにくいという方も多いのではないでしょうか。

派遣会社によっても多少の違いはありますが、派遣登録から顔合わせ、そして就業開始までの流れをパソナの例を交えて、ご紹介します。

①派遣会社のHP上からWeb登録する

まずは派遣会社のHP上からWeb登録を行い、氏名や住所といったプロフィール、希望職種、希望勤務エリアなどの入力を行います。(パソナの場合、MYPAGE作成がこれにあたります)

②Web面談か来社面談を選んで面談日を予約し、登録面談を行う

Web登録が完了したら、派遣登録のための面談を行う日程を選び、予約をしましょう。パソナでは、来社不要のWeb面談か来社面談を選ぶことができます。派遣のお仕事が初めての方は、派遣会社の担当者と直接話すことができる来社面談がオススメ。
来社面談の場合、派遣の仕組みや福利厚生の説明、スキルチェック、職務経歴の確認や今後のキャリアについての面談を行った後、必要書類を提出して完了となります。

※関連記事:『派遣登録の「Web面談」or「来社面談」の違いって?私にピッタリなのはどっち?

③希望条件に合うお仕事の案内

派遣登録完了後、担当者からMYPAGE上またはメール・お電話にて、希望に合うようなお仕事の案内があります。業務内容や待遇を確認の上、就業を希望するお仕事を担当者にお伝えください。

④就業先との顔合わせを行う

実際に就業する前に、就業先の担当者との顔合わせを行います。なお、日程の調整は派遣会社の担当者が行うので、ご安心くださいね。

⑤就業開始

顔合わせで社内の雰囲気や業務内容を確認し、双方合意の上で就業スタートとなります。

気になる顔合わせ当日の流れをご紹介!

気になる顔合わせ当日の流れをご紹介!

派遣登録から就業開始までの全体の流れをご紹介しましたが、顔合わせ当日の流れについてもしっかり押さえておきましょう。どのようなことが行われるのか、確認しておいてくださいね。

①派遣会社の担当者と待ち合わせる

顔合わせは、必ず派遣会社の担当者が同席し、派遣社員・就業先・派遣会社の三者で行われます。そのため、顔合わせ当日は派遣会社の担当者と合流してから、就業先に向かいます。

顔合わせの前には、就業先企業の雰囲気や担当者の人柄、予想される質問などを派遣会社の担当者に確認しておきましょう。

②就業先に到着!顔合わせスタート

就業先に到着したら、いよいよ顔合わせスタート!就業先の担当者と、30分~1時間程度の対話を行います。就業先の担当者と対面した際は、好印象を持ってもらえるような気持ちの良い挨拶を心がけてくださいね。

③就業先担当者からの業務内容の説明

就業先の担当者から、お仕事の具体的な業務内容や必要となるスキル、職場環境、配置状況(人数、社員構成など)、服装規程などについての説明があります。

④派遣社員からの自己紹介

派遣社員から、簡単な自己紹介を行います。職務経歴や経験した業務、所有スキルなどについて簡潔に話しましょう。

⑤双方による質疑応答

顔合わせでは、派遣会社から就業先の企業に対して事前に、派遣社員の「スキルシート」が提出されることがほとんどです。スキルシートとは、派遣社員の職務経歴や所有スキルの情報が記載された書類のこと。派遣就業のための書類なので、派遣社員の個人情報は伏せられています。

質疑応答では、このスキルシートを基に職務経歴や所有スキルについて担当者から質問されることがあります。質問にしっかりと答え、お仕事に対する意欲もあわせて伝えましょう。

また、派遣社員からは、業務内容の不明点や就業時間、残業の有無、職場環境などについて質問してみましょう。就業時のミスマッチを防ぐためにも、気になることはその場で質問することをオススメします。

⑥顔合わせ終了後、挨拶をして退室

これで顔合わせは終了です。「ありがとうございました」と挨拶をして、退室しましょう。オフィスを出るまでは気を抜かず、すれ違う人にも会釈をするのを忘れずに。なお、その場で就業に関する意思確認を行うことはありません。後日、派遣会社の担当者から連絡があります。

事前に準備しておくと良いことは?

事前に準備しておくと良いことは?

顔合わせの日程が近づいてきたら、当日に向けた事前準備をしましょう。当日になって慌てることがないよう、以下のポイントを参考に、準備を進めてみてくださいね。

派遣登録時に作成したスキルシートの内容を確認する

顔合わせでは、職務経歴やスキルに関して、就業先の担当者から質問されることがあります。派遣登録時に作成・提出した職務経歴・スキルと食い違いがないよう、スキルシートに必ず目を通しておきましょう。パソナの場合は、MYPAGEの内容を参照してくださいね。

自己紹介や質問事項を考える

顔合わせ当日の流れでもご紹介した通り、「まずは自己紹介をお願いします」と促されることが多いので、スキルを絡めた簡単な自己紹介の練習をしましょう。

また、質疑応答の質問項目と返答内容も事前に考えておきます。案内されたお仕事の情報をチェックするほか、HPなどで就業先の事業内容や企業理念などの情報にも目を通しておくのがオススメです。

当日の服装や持ち物を用意する

顔合わせ当日の服装は、特に指定がない限り、黒やグレーなど落ち着いた色のスーツがベター。ただし、オフィスカジュアルOKの就業先も多いため、社風や雰囲気にあわせて当日はどんな服装が良いか、派遣会社の担当に確認しておくと良いでしょう。スーツやシャツには、アイロンをかけておくのを忘れずに。

メイクは、ビジネスの場面にふさわしいナチュラルメイクを心がけ、ヘアスタイルは清潔感のあるまとめ髪にするのが無難です。

また、ご自身の職務経歴やスキルについてまとめたメモを持参すると、受け答えの際に安心できますよ。その他にも当日必要な持ち物に漏れがないか、派遣会社の担当からの案内を確認しておきましょう。

質疑応答の具体例と注意点について

質疑応答の具体例と注意点について

次に、質疑応答の際の具体例や注意すべきポイントをご紹介します。就業先から何を質問されるのか、自分からはどんなことを質問したり回答したりすれば良いのか、質疑応答の具体例を参考にして、受け答えの準備をしてみてくださいね。

就業先からの質問の例

業務経験

「今まで経験したことのある業務について教えてください」

ソフトの使用経験やスキル

「PowerPointでプレゼン資料を作成できますか」
「Excelでピボットテーブルを使用した集計データの作成はできますか」

就業先からの質問はご自身の職務経歴やスキルに関するものがほとんどです。質問されたときに慌てないよう、事前にある程度の答えを準備しておきましょう。

派遣スタッフからの質問の例

業務の具体的内容

「1日の業務の流れを教えてください」
「業務の進め方がわからないときは、どなたにお聞きすれば良いですか」
「引継ぎ期間はどのくらいでしょうか」
「1ヶ月に残業はどの程度あるのでしょうか」

職場環境、人数

「同じ部署には何人のメンバーがいらっしゃるのですか」
「男女比はどのくらいですか」
「オフィス内に昼食を取れる場所はありますか」

服装規程など

「就業後はどのような服装で出社すればよろしいですか」
「ブランケットなどを持参してもよろしいでしょうか」

具体的な業務内容についての質問は、就業に対する意欲をアピールすることができ、担当者に良い印象を持ってもらうことができるでしょう。不明点は積極的に質問し、その場で聞きにくいと感じることがあれば、顔合わせ後に営業担当へ確認すると良いでしょう。

質疑応答の注意点

繰り返しになりますが、派遣の事前面接は禁止されており、顔合わせは派遣社員が就業先からの評価を受けたり、選定されたりする目的で行われるものではありません。

そのため、下記のような年齢や家族構成などの個人情報を聞かれても、答える必要はありません。もし聞かれたとしても、派遣会社の担当がフォローしてくれるので安心してくださいね。

下記のような質問を就業先がするのはNG

  • 国籍、本籍、住所
  • 氏名・年齢
  • 既婚・未婚について
  • 結婚・出産の予定
  • 出身学校名
  • 家族構成
  • 前職の会社名・退職理由
  • 家族の学歴・職業
  • 住居とその環境
  • 宗教・信条
  • 尊敬する人物
  • 支持政党・加入団体

日本人材派遣協会のリーフレットにも詳細が載っていますので、事前に目を通しておきましょう。

※参考元:日本人材派遣協会『紹介予定派遣を除き、いわゆる事前面接等(派遣労働者を特定することを目的とする行為)は禁止されております

顔合わせはこれから働く就業先について知ることができる絶好の機会!

面接の場ではないと分かっていても、顔合わせでいざ希望する就業先の担当者を前にすると、緊張してしまうかもしれません。

しかし、顔合わせはこれから実際に働くかもしれない職場を、直接見学できる絶好の機会。訪問する目的や趣旨、当日の流れ、質疑応答のポイントをあらかじめ確認しておけば、きっと落ち着いて対応できるはずですよ。

職場の雰囲気や仕事内容について直接担当者から話が聞けるチャンスなので、ぜひ積極的にコミュニケーションを図り、明るく前向きに働く意欲を伝えましょう。また、顔合わせについて分からないことや不安なことがあれば、パソナにご相談くださいね。

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

“はじめて”の疑問はここで解決! 派遣やパソナのご利用が
はじめての方向けの情報を
まとめました。

やっぱり「パソナ」! 登録スタッフの方のクチコミや
サポート体制など
パソナを選んだ3つの理由

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。