スキル

2014/02/28

現在、簿記2級。1級を取るべき?

経理としてすでに活躍されている方ならご存知のとおり、簿記の知識は実務に欠かせないもの。そのため、基礎知識を幅広く網羅する簿記2~3級を取得済みの方も多いのではないでしょうか。

そうすると、次のランクは1級。かなり難易度が高い資格という評判ですが、経理としてキャリアアップを考えているなら、取得に挑戦すべきなのでしょうか?

簿記1級は特別な理由がなければ回避がベター

簿記1級は、合格が難しい検定のひとつです。たとえば、就活や転職に有利と言われる日商簿記1級の合格率は、毎回10%に満たないほど。「経理・会計といえば簿記」というイメージで、簿記1級取得を前向きに考える気持ちは素晴らしいのですが、取得する苦労と見返りが噛み合わないかもしれません。

未経験で簿記1級を持っているよりも、簿記2級所持で実務経験豊富なほうが、重宝されることはよくあります。会社の昇進条件だったり、税理士や会計士など、専門家を目指すつもりでなければ、こだわる必要はないかもしれません。

※関連記事『未経験から経理になるには簿記何級が必要?そもそも、資格取得って必須なの?

幅広い知識を持つ経理を目指そう!

「ひとつの分野をどんどん掘り下げて専門性を高める」。そう聞くととても耳障りが良いですが、実際には経理・会計の業務は幅広いもの。だから、簿記以外の勉強を進める方が、効率的に自分の価値を高めることができるかもしれません。

たとえば
・給与計算、社会保険などを学んで経理・会計実務の知識を広げる
・法人税や消費税など税務の勉強をする
・英文会計ができるように英語を学ぶ
・財務分析や経営計画などの管理会計を学ぶ
といったスキルアップが考えられます。

ちなみに同じ簿記でも、「建設業経理士」のように業種に特化したものは重宝されることがあります。自分の目指したい業界やキャリアパスを考えてから、検討すると良いでしょう。

※関連記事:『3年後、5年後のキャリアパスをどう描く?【経理事務編】』『経理職のスキルアップって?資格取得、転職etc…自分に合ったスキルアップ方法を知ろう!』『【資格】ビジネス会計検定試験の取得で活躍の幅を広げる

経理・会計業務から広がるキャリアの可能性から、何を選んで勉強するか。それは、あなたの置かれた状況次第です。日商簿記一級にこだわりすぎず、実際に業務で関わりそうな資格を選んで、勉強を始めてみてくださいね。

 

「経理」関連記事一覧
「シゴ・ラボ」では、経理の方々のキャリアアップに役立つ記事を、他にも多数ご紹介しています。役立つ記事はこちらからチェックしてみてください!

【経理用語集】実務で役立つ!頻出・経理用語100
「実務で役立つ!頻出・経理用語100」は、経理初心者の方や経理としてステップアップしたい方のための経理用語集です。日々の業務や毎月の経理イベントでよく使われる基本的な用語を100個ピックアップし、分かりやすく用語を解説しています。ご利用の際には、こちらからダウンロードしてくださいね!

参考サイト:

 

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。